どこにいても嵐を呼ぶオンナね……

「正直、不快に思う」辻希美の妊娠報告にママタレたちはドン引き!?

tsujichan.jpg
『のんちゃんぷる ‐mother‐』/講
談社

 先日第三子の妊娠を発表した、元モーニング娘。の辻希美。アイドルとして活躍したのは8年も前の話で、現在はギャルママタレントとしての確固たるポジションを築いている。

 ところがそんな辻に対して、同じママタレの輪の中で「あの子はちょっと……」と、引き気味の意見が出ているという。

「実は辻ちゃん、今年3月頃からブログで『ぁ~3人目…ほしぃな』と、妊娠願望を明かしていたんです。また第二子の時もブログに『ここだけの話………只今計画中なのです(中略)近々みなさんにHappyな報告が出来るように頑張ります』と書いて、そこから妊娠が発覚したなんてこともありました」(芸能プロ関係者)

 子作り宣言、つまり避妊をせずにセックスをしていることを、あからさまにつづることに、疑問を感じるママタレが続出しているそうだ。「記者会見などで質問されて『頑張ります!』とノリで答えるのとは、ワケが違いますからね。『夫も芸能人なのに、そこまで赤裸々にタレントが自ら子作り宣言するなんて、正直不快に思う』と、ママタレたちはもらしているようです」(同)

 また、辻に近しいほかの芸能プロ関係者からは、こんな声も。

「ちょうど昨年末くらいの時期ですが、辻は周囲のタレントや関係者たちに『もう離婚したくて仕方がない』と、ずっと話していたんです。女性誌に不仲説が出たこともありましたが、少なくとも一時期杉、浦太陽と別居していたのは確実です。『ホテルを転々としてる』『格安マンションを借りた』なんてことも自ら明かしていて、多くの関係者がこの話を聞いていたはずですよ」

 中高生の憧れる夫婦1位に輝いたこともある辻&太陽夫妻だったが、破局の危機も何度か訪れていたようだ。「どんな話し合いがあったのかはわかりませんが、最近は親子4人で仲良く暮らしているようです。25歳で3人目ですし、少子化の時代に『よく頑張った』という声も上がるでしょう。その点は、すごいことだと思いますし、タレントとして今後活動する上で、業界内の評価もうなぎ上りでしょうね」(同)

 モー娘。卒業後、辻の人気が再燃したのは、ギャルママが奮闘する“子育てブログ”が注目されたからにほかならない。紆余曲折を経てはいるものの、こうしてブログであけすけに話すところも彼女の魅力の1つなのだろう。元気な子どもが無事に生まれてくることを祈りたい。

最近は、既女たちのサンドバッグとしても活躍

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー