[女性誌速攻レビュー]「Domani」10月号

「Domani」における世界レベルの「仕事ができる女」気取りは本物?

domani1210.jpg
「Domani」2012年10月号(小学館)

 このところの「Domani」は、「35歳、おしゃれも、人生も断捨っていこう!」とか「“きちんといい女系”ナナvs“こなれたいい女系”佳子のSMB5着回し対決」とか、とりあえず5アイテムでワンシーズンを着こなせという無理難題を押しつけてきます。今月号も特集は「秋の始まりは、たった5枚の服で、“きちんといい女”“こなれたいい女”」。「いい女」シリーズは近年の「Domani」でずっと主題にしているテーマなんですが、今月号では「仕事ができるのにオシャレで女らしい」「仕事ができるのにオシャレでかっこいい」というフレーズまでつきました。キャリア志向女性を取り込もうとキャッチーにしたのはいいのですが、下衆な筆者は「Domani」読者は本当に仕事できるのかな、と疑問に思いました。バリキャリ志向の1/3は、実は「自称・仕事のできる女」ですからね。口は動いても、手は動かさない。おいしいところだけかっさらっていくタイプも少なくないですし、本当に仕事できる人はファッション誌もパラパラめくるだけですから。ま、そんな意地悪な視点は捨てて、「Domani」を読んでみましょう。今月もブッ飛ばしてますよ~~!

<トピック>
◎“きちんと系”なら「アンジー」タイトvs“こなれた系”なら「マチャアキ」パンツ
◎「きちんと母娘」vs「こなれた母娘」家族の肖像
◎“BAG&SHOES”Domani

撮り損じの写真からそこまで物語を作ったらすごいわ!

 え~、この時期は毎年言ってますが、ファッションの秋ですね。「Domani」も今年の流行ラインをあの手この手で教授してくれるのですが、その中のひとつが「“きちんと系”なら「アンジー」タイトvs“こなれた系”なら「マチャアキ」パンツ」という、外角いっぱいに投げ込まれた魔球のような企画です。まず、「アンジー」というのは、もちろんアンジェリーナ・ジョリーのこと。そして「マチャアキ」とはもちろん、堺駿二の息子で「Mr.かくし芸」、『チューボーですよ!』(TBS系)で星をねだり、元妻がうんざりするほど日本各地から食材が届く男・堺正章のことです!

「『堺正章さんはカラーパンツをはいている人』それがテレビのこちら側の共通認識。つねに華やかなオーラ満点。でも改めて見てみると、装いはとても正統的。その実、これはトラッドには外せない遊びなのかも…と思えるほどに。それを知ったら真似せずにはいられない!」

 こんな文章書いちゃう、「Domani」を心配せずにはいられない! 加藤茶だってカラーパンツを穿いているし、神田正輝なんてパステルブルーを穿きこなしてますよ。マチャアキが大御所だからってひいきされる! これはネット住民が大好きな陰謀論を巻き起こしちゃいますよ。SAY、イ・ン・ボ・ウ!

 そしてもう1点思い出してほしいのは、「Domani」はしばしば中学2年生が真夜中に書いたようなうっとりポエムを写真に添えること。「アンジータイト」を穿いたモデルさんが顎を突き出して薄目がちという妙な表情をしているなと思ったら、その理由は横に添えられたポエム原稿にありました。

「『しなやかでいて、タフ』という本来なら両極にあるどちらの性質も併せもった女性をさして『女らしい』と表現することが定着して数年。その代表格として名前が挙がるのがアンジェリーナ・ジョリーで、彼女は女優、女、妻、母であり、多面な女らしさをうまく調和させている。たとえば、右のモデルは商談成立直後のチームのトップにも見えるし、先を行く子供へ目を配る母のようにも見える。アンジーに倣ったクラシックなスタイルは柔軟で、目上のクライアント、子供のどちらの目にも優しいのだ」

 すみませんわかりません。3回読んだけどわかりません。筆者には「残暑、クソあちぃー。脇汗びしょびしょだわ。でも脇汗パッドとかしたくないし。とりあえず、ビール飲みながらホルモンつつきたいわー」という顔にしか見えませんでした。「Domani」読者がこの写真から「商談成立直後のチームのトップ」を思い浮かべるなら、「自称・仕事ができる女」疑惑がますます強くなりますよ!

できる女気取りなのに、母との距離感間違え過ぎでしょ

 珍しく「Domani」に母娘企画があります。それが『「きちんと母娘』vs『こなれた母娘』家族の肖像」。母娘企画といえば「JJ」「CLASSY.」では、実際に母が登場した上で、「親子で受け継がれていくもの」といった企画として、母娘2代、祖母を入れた3代で愛用している逸品を紹介するのが常。でも「Domani」は違うんです。「受け継ぐ」んじゃなくて「兼用」するんだそう。モノに物語を与えるのではなく、モノを消費するといった姿勢がすごく「Domani」的ですね。

 誌面では2組の母娘が登場し、兼用アイテムを披露しています。シャネルのツイードジャケットやエルメスのバーキン、ラルフローレンのトレンチコートは納得だったのですが、違和感を抱いたのはトッズの乗馬ブーツでした。たとえサイズが合ったとしても靴、ましてや汗もにおいもこもるブーツを貸し借りするんですかね。「兼用」という明るいトピックから、母娘の関係性にまで思いを巡らせてしまったページでした。

 今月号で一番読んでほしいところは、「“BAG&SHOES”Domani」という小物紹介ページ。まずはチャートでどんなタイプのバッグやブーツを欲しがっているかのタイプを分けるのですが、その質問項目がハイレベル! スタートの設問が「『帰国子女っぽいね』と言われたことがある」!! その後も「ハンサム上司の視線が意外と気になるほう」「グレース・ケリーやオードリー・ヘップバーンなど往年の女優が好き」など、なかなか「YES」と答えにくい質問が続きます。こんな辱めを読者に与えるなんて、「Domani」編集部さんもなかなかの悪よのう……なんて平和なことを思いながら雑誌を読み返してたらビックリ! 今月号の着回しコーデ企画の設定に「ホテルでの国際会議に参加するボスのおともを」「海外からのお客様を迎えに羽田へ急ぐ」というシーンがありました。「『帰国子女っぽいね』と言われたことがある」のあとに付くのは(笑)ではなく、(MAJI)だったのか!! でも、ワールドワイドに活躍する人は「Domani」を見ずに、「ヘラルド朝日」を読むと思うんですよね! うーん、「Domani」読者の「自称・仕事ができる女」疑惑はますます濃くなるばかりですよ!
(小島かほり)

「私って帰国子女っぽく見えちゃう~??」と言い出したらマジ張り手

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに