• 【PR】飾るだけで幸運が! 開運画家・あいはら友子の最新作品集発売!!
その他
この1冊を手に取れば、あなたの明日が変わります

【PR】飾るだけで幸運が! 開運画家・あいはら友子の最新作品集発売!!

aiharahon0906woman.jpg
『不運・不幸・悪運を取り去る厳寒富士の絵』
サイゾー

 雑誌「サイゾー」での連載でもお馴染みだった、雄大なる「富士」を描き、人々から圧倒的な支持を得ている開運画家・あいはら友子が、雪に覆われた「厳寒富士の絵」だけを集めた画期的な作品集『不運・不幸・悪運を取り去る厳寒富士の絵』を発売した。

「厳寒富士の絵」には、邪気などを払う力があるといわれている。すでに、あいはら氏が描いた「厳寒富士の絵」を飾った人々からは、

「家計が黒字に!」

「夫の浮気が収まった」

「家業が倒産をまぬがれた! 」

など、不運や不幸から立ち直った報告が相次いでいるという。

 本書には、「厳寒富士」を発色にこだわった特殊印刷を用い8作品収録している。作品ごとの効果も解説されており、あなたが必要とする絵をすぐに部屋に飾ることも可能だ。さらに、家庭で簡単にできる「あいはら友子直伝の開運法」も紹介されている。絵を飾り、開運法を試せば、「不運・不幸・悪運」を取り去ることも難しくないという。

■【特別対談】苫米地英人×あいはら友子

 さらに、機能脳科学のエキスパートである認知科学者の苫米地英人氏との特別対談も収録し、「なぜ、あいはら友子の絵画には、開運効果があるのか?」という疑問を科学的に検証。効果を疑問視している人たちも苫米地氏による検証結果を読めば、納得すること請け合いだ。その他、あいはら友子の作品に魅了されている『あずみ』・『ゴジラ・ファイナル・ウォーズ』などの監督を務めた北村龍平さんら著名人たちの特別インタビューも掲載されている。

 世の中全体が重く、暗い空気に覆われた今だからこそ、『厳寒富士の絵』で、まずは嫌なことをリセットし、心の平安を取り戻そう。幸せを手に入れるためのパワーは、その時に初めて湧いてくるはずだ。

『不運・不幸・悪運を取り去る厳寒富士の絵』
(発行:不安クラブ/発売:サイゾー) 1050円(税込)

著者紹介
●あいはら友子(女優・日本画家・高野山宝寿院福寿会理事)
兵庫県生まれ。幼少時の交通事故がきっかけで霊的な才能が開花。1978年、NHK朝の連続テレビ小説『わたしは海』のヒロインで芸能界デビュー。その後、多数のドラマや映画に出演。98年より、みんなを幸せにしたいという思いから富士の絵を描きはじめる。赤富士を中心とした「富士シリーズ」で、全国のデパートで絵画個展を開催。開催回数は100回を超え、いずれも大盛況となっている。運勢を飛躍的上げるメール鑑定「不安クラブ」の運営にも携わり、本書は同クラブ初の公認本となる。
http://www.fuanclub.com/

幸せをあなたに

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決