[短期集中連載]「忍たま乱太郎」のイケメン俳優に聞いてみよう!

映画『死ガ二人ヲワカツマデ・・・』に出演中! 『忍たま乱太郎』の林明寛クンに直撃

hayashi-01.jpg
七松小平太役の林明寛クンが登場です☆

1993年に放送が始まったアニメ『忍たま乱太郎』(NHK)。そのミュージカル版が2010年より年2回ペースで公演され、女性から人気を博しているのはご存知でしょうか? 2次元でも3次元でもない「2.5次元」の世界で注目を集めているイケメンくんたち。その実生活に迫るべく、2回目となる今回は、ミュージカル版第二弾再演から七松小平太を演じていた林明寛くんに登場してもらいました。

――最近まで公演していた舞台『ふしぎ遊戯~青龍編~』のエピソードお聞かせ下さい。

林明寛氏(以下、林)主人公と敵対する、青龍七星士双子の兄、亢宿役でした。双子の弟、角宿役が、『忍たま』で初代の七松小平太役の桑野(晃輔)くんで、舞台中に2人のキスシーンがありました。台本には、実際キスしてもいいし、しているフリでもいいって曖昧に書かれてあったので、僕はリアルにやった方がいいと思って、「芝居のためなら全然いいよ」って言ったんですけど、桑野くんが嫌がっていて。共演者の女優さんたちも原作のファンで「このシーンはやって欲しい」と言っていたので、みんなで桑野くんを居酒屋で口説きました。そしたらふっきれたようで。でも、頭でかぶっててよく見えなかったと思いますが(笑)。

――亢宿を演じてみてどうでしたか?

林 どちらかというと元気な役のが得意なんですが、亢宿は大人しめなので役を通してこういう自分もあるんだなぁと思いました。

――『ミュージカル 忍たま乱太郎』七松小平太は演じてみてどうでしたか。

林 小平太はお祭り男なので、やりやすいというより素直にできました。実は、舞台であまりやったことを覚えていないんですよね。リラックスして芝居してるんだなっていうのは、すごい感じます。すごく自然でした。顔が原作とは違っても、小平太が活きればちゃんとそう見えてくるんじゃないかと思いましたね。思い入れのある役です。『忍たま』は、子どもに人気の作品だと思っていたのですけど、こんなに若い女性に受け入れられてうれしいです。

――小平太を演じていて心がけていたことはなんですか?

林 アドリブですね。ファンの方がアドリブを期待してくれていたみたいで。練習してしまうと形になっておもしろくなくなってしまうので、いつも直前に決めていました。その方が一緒にやっていた潮江文次郎役の松田(岳)くんが、ナチュラルでいい返しをくれるんですよ。小平太も思いつきで突発的に動く人間ですしね。でも、中在家長次役の前山(剛久)くんには、いきなり舞台上でやったので、最初は戸惑っていたようですが、段々と臨機応変に返してくれるようになりました。またこのメンバーでやりたいですね。

――小平太は表情も豊かでしたね。

林 笑うと歯茎が出てしまうのが、ぼくはずっとコンプレックスだったんですが、この年齢になって、それを生かそうと思うようになったんです。意外とコンプレックスって人からすると愛嬌だったりしますよね。だから、受け入れようと思って、そこのコンプレックスはなくなりました。段々とコンプレックスが少なくなってきていますね。

hayashi-02.jpg

――舞台上では、メインでない時も後ろで何か面白い動きをしていたのが印象的です。

林 後ろでただ何もしないでいるのはつまらないと思うんです。だから、長次役の前山くんと、摂津のきり丸役の加藤(幹夫)くんが歌っている時に、ギターの音に合わせてエアギターをやってみました。そうしたら、文次郎役の松田くんもやりたいと言って、2人で盛り上げました。

――アドリブといい、林さんの考えた演出がところどころ入っていますね。

林 ほかにも、「俺の武器が一番!」と歌って踊るシーンの後ろで、何かやれって言われたので、日の丸の扇子を持って踊ろうと思ったんですが、前でいるメインよりも目立ってしまうと思ってやめたこともあります。

――共演の方と仲良いみたいですがお二人で出かけることはありますか?

林 善法寺伊作役の椎名鯛造くんとは、よくご飯に行ったりしますね。本番中も1公演しかない時には、何人かで車を借りて横浜にプチ旅行に行って、温泉で癒されたりしました。竹谷八左ヱ門役の才川コージくんともごはんに行ったりしました。

――林さんは、声がすごくハスキーで色っぽいですね。

林 「酒やけ」とか言われることもあるんですけど、この前子どもの時に録音した声を聞いたら昔からハスキーだったので、酒やけではないと安心しました。

――プライベートについてうかがいます。デビューまでの生い立ちを教えて下さい。

林 18歳の時に、役者を目指して上京して、養成所に一年通いました。一番最初の仕事は『ミュージカル テニスの王子様』の海堂薫役です。オーデション前は、めちゃくちゃ練習しました。事務所のスタジオを借りて、ダンスも徹底して練習して、万全の体制で行きました。

――休みの日の過ごし方と、趣味を教えて下さい。

林 車を借りて温泉に行ったり、最近あまりやれてやれてないんですけど釣りとか好きです。あと海外に旅行して、色んな国が見たいです。現地の魚とかも釣ってみたいです。でも寂しがりやなので一人で行けないです(笑)。

――好きな女性のタイプを教えて下さい。

林 あんまりタイプとかはないんですけど、僕は気をつかってしまう方なので、気をつかわないで、一緒にいて居心地のいい人がいいです。素直に尊敬できて、自分に持ってないものを持ってる人はいいなと思います。お互い向上できたらいいですよね。自分がもし女性で、『忍たま』に出ているキャラクターと付き合うのなら、善法寺伊作がいいですね。

hayashi-04.jpg

――恋愛作品はどうですか?

林 あんまり得意じゃないです。『電車男』みたいな、モジモジした感じのがいいと思います。チャラチャラした役よりも、意外とそっちのが合うんじゃないかと思います。

――公開中の映画『死ガ二人ヲワカツマデ・・・』の第二章「南瓜花ーnanankaー」に出演されますね。

林 推理サスペンス作品で犯人に疑われている中の一人を演じました。第一章、第二章と同時公開で、物語的につながってる部分があります。ぼくはツンデレで素直じゃないキャラクターで、主役の豊永利行さんとイジリ合ったりしました。髪もこの映画のために伸ばしていました。

――いつもは短髪なのですか?

林 短いのが好きです。仕事とか関係なかったら坊主にしたいくらいです。でもそれをブログで書いたらファンの方には不評でした(笑)。

――今後はどんな活動をされたいですか。

林 映像作品に出たり、もっと色々経験したいです。アクションも得意です。あと、サスペンスでエキセントリックな役を演じるとか、自分がどこまで壊れるかみてみたいです。新しい自分に気付けるのも楽しいですし、台本とケンカしてみたいですね。

【私物チェック☆好きなモノの写真を撮ってきてください!】

hayashi-syame.jpg
(左)ジャンボ海老天、海老23センチ!
(右)子どもの頃の写真です。

hayashi-03.jpg

林 明寛(はやし・あきひろ)
1987年11月9日生まれ 血液型B型 家族構成は、父、母、姉二人。代表作は、『ミュージカル テニスの王子様』海堂薫 (5代目) 役、『ミュージカル 忍たま 乱太郎 第三弾再演 ~山賊砦に潜入せよ~』 七松小平太役。ほかTVドラマ、CM、映画など多数。

2012年9月公開『死ガ二人ヲワカツマデ・・・』第二章「南瓜花ーnanankaー」に出演中!

演出家としてもイケる口!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク