よく考えると失礼な話!

スティーヴン・セガール、税金未納で発覚した思わぬ高収入はどこから?

StevenSeagal01.jpg
この件についても“沈黙”する模様

 映画『沈黙』シリーズで知られる、“無敵の男”スティーヴン・セガールが、カリフォルニア州税務当局より2010年の税金33万5,606ドル(約2,600万円)が未納であるとして訴えられた。全額支払うまで、当局により邸宅や車などの資産は差し押さえられるという。ここ数年、税金をきちんと払っていないセレブが次々と摘発されているが、スティーヴンの場合は目立った活動をしていなかった2010年にそんなに稼いでいたのかという点で驚かれている。

 世界的なアクションスターというだけでなく、武道家であり保安官代理であり、ギタリスト、栄養ドリンクのプロデューサーなど、幅広く活躍しているスティーヴン。カリスマ的な人気を誇る彼だが、近年はB級映画ばかりに出演しており、中には劇場公開すらされず、DVDとしてのみ販売される作品も少なくない。そんな彼が2010年に約2,600万円の税金を納めなければならないほどの高額収入があったようだ。所得税の計算は複雑であるため正確な収入額は把握できないが、単純計算しても軽く1億円を超える収入を得ていたことは間違いないだろう。

 2010年、スティーヴンが出演したメジャーな作品は、ハードアクション映画『マチェーテ』と、リアリティ番組の『実録! スティーヴン・セガール警察24時!』といったもの。『マチューテ』では極悪な麻薬王の役が当たり役だと評判になったが、破格といえるギャラを貰ったとは考えにくい。『実録~』もエピソード数はそれほど多いわけではなく、ドキュメンタリータッチの作品なので、契約金はそれほど高くはないと見られている。

 また、2010年は、元アシスタントや元スタッフの3人女性たちから、セクハラをされたと起訴された年でもある。「しこりがないかチェックする」と胸をまさぐられたり、「ちょっと確認する」とズボンの中に手を突っ込まれたりしたと女性たちに訴えられたスティーヴンは、事実無根だと無罪を主張。最終的に訴えは取り下げられたが、大きなイメージダウンとなった。弁護士にもかなりの額を支払ったことだろう。

 メジャーから遠ざかっているスティーヴンだが、実はシルヴェスター・スタローンの大ヒットシリーズ『エクスペンダブルズ』第3弾の悪役候補に挙がっているというウワサが流れている。もし実現すれば、高額な契約金を手にすることができ、未納税トラブルもすぐに解決するだろう。

 ここ数年、大物セレブが税金不払いで訴えられるケースが相次いでいる。アル・パチーノ、ニコラス・ケイジ、パメラ・アンダーソン、リンジー・ローハン、ケリー・オズボーン、ブルック・シールズ、ライオネル・リッチー、リル・キムら相当たる顔ぶれが、税金を払っていないと訴えられているのだ。金に困っているのではなく、うっかり支払い忘れたというケースも多いセレブの税金未納。“無敵の男”スティーヴンが金欠でないことを祈るのみである。

日本人が『沈黙』シリーズ買いまくってるから?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに