行ってQのが面白いし仕方ないね

ダウンタウン冠番組が2本も! フジテレビのリストラ候補番組に吉本は?

downtown.jpg
『ダウンタウンのガキの使いやあらへん
で!!(祝)20周年記念DVD永久保存版(13)』
/よしもとアール・アンド・シー

 先日終了が発表された『はねるのトびら』(フジテレビ系)に引き続き、フジテレビのバラエティ番組に大変動が起こりつつある。現在ダウンタウンがMCを務める『爆笑 大日本アカン警察 』『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の両番組に関して、今期限りでどちらかを終了させる動きがあるという。

 『アカン警察』は、かつては深夜の単発番組だったが、昨年4月から日曜夜8時台で放送されているバラエティ番組。『リンカーン』(TBS系)以来、実に6年ぶりのダウンタウンの冠番組となった。また、『HEY!HEY!HEY!』は1994年スタートの長寿番組で、出演アーティストのトークが中心となる音楽番組の先駆け的存在だった。

「『アカン警察』は裏の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に視聴率で大敗しており、1ケタの数字が連発しています。この状況を、『この番組は視聴率もアカン』と松本人志が自虐的にネタにしたほど。また『HEY!HEY!HEY!』に関しても、20%台をキープしていたのは過去の話で、現在は前番組の『ネプリーグ』、その後の『月9』枠が常に2ケタなのに対して、同番組だけ7~8%前後と低迷しています」(週刊誌記者)

 そして、“リストラ候補”の最右翼となってしまったのが両番組。普通であれば、乱立するバラエティ番組を終わらせて、歴史が長い音楽番組を残すと考えられるが……。

「フジテレビが本当に終了させたいのは、『アカン警察』ではなく『HEY!HEY!HEY!』なんです。理由は完全に数字の問題で、視聴率が制作費の割に合わないからだとか。現在、同局内で“セーフティーライン”にある番組は『VS嵐』『めちゃ×2イケてるッ!』『ほこ×たて』の3本で、逆に言えば、それ以外の番組はいつ終了してもおかしくない状況。現場では常に『企画強化』が叫ばれており、結果を出せない番組は片っ端から打ち切りにしていく方針のようですね」(芸能プロ幹部)

 しかしダウンタウンの看板番組の終了を、吉本興業がおとなしく見過ごすはずもない。

「当然吉本は、両番組とも全力で死守したいと息巻いています。同社からすれば島田紳助の引退後、現在のトップはダウンタウンという認識が強い。対するフジも今クールか、遅くとも来春までにはどちらかを必ず終了させるという方針で、現在も両社間で折衝が繰り広げられているようです」(同)

 鳴り物入りでスタートした新レギュラーを2年足らずで終了させるか、あるいは歴史ある音楽番組にピリオドを打ち、局全体の活性化へとつなげるのか。フジとダウンタウンをめぐる今後の展開に注目が集まる。

ド~ンマイ☆

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー