「広告批評」みたいな話になっちゃった

TOYOTA衝撃の上半身ヌードCM、隠された“真の狙い”とは

toyota.jpg
トヨタ公式サイトより

 20日よりオンエアされているトヨタ新型車「オーリス」のテレビCMが話題になっている。『常識に尻を向けろ。』というキャッチコピーの同CMは、過激な内容を考慮してオンエア時間が午後10時~深夜3時に限定されているという。

 CM冒頭で映し出されるのは、金髪モデルが赤いビキニ姿でオーリスに向かって歩いて行くシーン。途中で上着を脱ぎ捨て、上半身裸となった状態をカメラは下半身を中心に後ろから追っていく。そしてオーリスの前にたどり着くと金髪モデルはこちら側を振り返り、なんとバストトップまで露出してしまう。しかし乳房の膨らみはまったくなく、ここでやっと視聴者はこのモデルが男性だったということに気付くというわけだ。

「彼はイスラエル出身のスタヴ・ストラスコ。まだ19歳の新人モデルです。今回のCM制作のブッキング担当がブログでたまたま彼を見つけて、猛アプローチを仕掛けたところ出演に繋がったそうです。撮影のため初めて東京を訪れたスタヴは、周囲も驚くほど大興奮していたとか」(広告代理店関係者)

 しかし男性とはいえ明らかにセクシャリティを全面に出した、国内では珍しいほど過激な内容。ネット上でも話題を呼んでいるが、実はこのCMには隠された「ターゲット層」が存在しているという。

「実はスタヴは、ゲイであることをカミングアウトしているんです。先進国では車が売れないというは業界の定説ですが、このCMには『同性愛者やバイセクシャルの方々に響いてくれれば』という期待が込められているんです。潜在的な可能性を含めると、全人類の10%近いというデータもありますしね。トヨタも代理店もこの狙いは公表しないでしょうけれど」(同)

 セクシュアル・マイノリティといったワードだけで不快感を覚える層も存在するため、あくまでこの狙いは非公開のままだという。元々、スタヴがブッキングされた時点ではここまでの話にはなっておらず、CMのストーリーも彼の持つ中性的な外見や雰囲気から生まれたものなのだとか。

 ちなみにスタヴのパーソナルに関しては「見た目は金髪美女としか思えませんが、本人は素朴な田舎の青年という印象。彼氏もいて、地元で半同棲中ということも公にしていますよ」(同)

 意外性に満ちたCMとトヨタの狙いは、果たしてどこまで視聴者に響くのだろうか。

いろいろ考えてるんだねー(棒)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー