カズさん、さーせん!

ピース・綾部祐二、“熟愛”報道のウラで三浦知良夫婦が二次被害?

king-kazu.jpg
カズさんの禁酒法時代ファッションに
ついていけるのはりさ子だけ

 「週刊ポスト」(小学館)による、元横綱・若貴兄弟の母親である藤田紀子への“マンション通い愛”報道が騒動となったピース・綾部祐二。同誌の直撃に対して交際こそ認めなかったが、その後も綾部はワイドショーや週刊誌から取材を受けるたび誠意を持って対応をしているそうで、メディア関係者からの株が急上昇しているという。

「突然直撃されたら一言二言で逃げてしまうものなのに、綾部はこちらが納得するまでずっと話をしてくれるんです。特に今回のケースは相手が大物有名人ということもあって、話なんかしたくないと思うのですが、言葉を選びながらも記者の目を見て真剣に取材を受けてくれました。単なる人気者というだけでなく、大物芸人の風格を見た気がします」(週刊誌記者)

 各報道では「熟女好きはネタ」という意見もあるようだが、「実際は年齢はあまり気にせず見境なくイケるタイプ(笑)。しかしロリ好きというと角が立つということもあって『熟女好き』をアピールしているうちに、それが板についてしまったというところでは」(同)

 いまだに藤田宅や所属事務所には取材依頼や番組オファーも相次いでいるようだが、今回の件のとばっちりで“不倫離婚疑惑”が囁かれてしまっている、気の毒な夫婦がいるという。最新号の「週刊文春」(文藝春秋)「女性セブン」(小学館)の2誌が、綾部の本命は「有名サッカー選手の美人妻」と報じたためだ。

「文春とセブンが報じたのは完全に別人なのですが、現在『綾部の本命だ』と目されてしまっているのは、三浦知良の妻である三浦りさ子ですよ。元モデルで業界内でも知られた存在ということで、真っ先に浮かぶのはこの夫婦だった。しかも以前、2人は離婚説も報じられていたため、本気で勘違いしてしまうメディア関係者が続出しているようです」(ワイドショーデスク)

 三浦夫婦には数年前から仮面夫婦疑惑が囁かれている。2009年にはスポーツ紙に大きく離婚情報が報じられたこともあった。

「これは完全なガセで、カズは報道したメディアに対して『直接聞きに来いよって話だよね』と挑発していました。しかし、その報道のインパクトが強かったせいで、今回の一件で、マスコミ陣の頭に『三浦りさ子が不倫していた』というストーリーが浮かんでしまったのでしょう」(同)

 複数メディアが“勘違い”しているという、りさ子との不倫関係。ちなみに綾部の本命の相手に関しては「三浦夫婦に近い人物ではあるのですが、あまり有名ではないため実名報道には至らなかったようです」(同)とのこと。三浦夫妻にとってはいい迷惑だが、本命の不倫相手の存在が公になり、さらにその存在を知ってしまった藤田の心境は? 綾部の苦悩はもうしばらく続いてしまいそうだ。

これ、マジいい本だったよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク