珍コスメミシュラン

社畜のようなしぶとさに脱帽! 2~3日落ちない下まつげ専用マスカラとは

 化粧品売り場の片隅に陳列されている、定番のものとはちょっと違った、我の強そうな珍コスメ。そんな珍コスメを、「買うまではいかないけれど、なんだかとっても気になってるの」という皆さんに代わって、美容ライターがお試し&レビューしちゃいます!

 今回取り上げるのは、ぱっちり目元を作るためのアイテム。目元は人の視線を集めるところでありながら、皮膚が薄いために、最も老いが出やすい場所です。なんだったら、「顔面のデリケートゾーン」と言っても過言ではないでしょう。しかし逆に考えると、ぱっちり目元さえ手に入れれば、どんなに心根がババアじみていたとしても、人様の目には若々しく映るということ。「ババアこそ目元を攻めろ」をテーマに掲げ、珍コスメ3商品をご紹介します。

■出落ち系パックの決定版! 「キューティーブラックバタフライ」(キューティーブラック)

chincosme01.jpg

 はい、出落ち系目元パックのお出ましです。パッケージをご覧ください。フェロモンムンムンの外国人女性ですら、若干「おもしろ」になってしまうという珍アイテムゆえ、東洋人の我々が使用すると、「キャットウーマンのコスプレ失敗例」にならざるを得ません。

 しかし、見た目のインパクトだけで判断しては時期尚早。洗顔後、化粧水で肌を整えた後に、パックを取り出してみると、まずその肉厚さに驚かされます。まれに、安さにつられて買ったパックがぺらっぺらで、「パックしてるのに、どんどん乾燥してる気がする……」と、本末転倒な事態に陥ることがありますが、キューティーブラックバタフライにその心配は無用。目元、口元にパックがぴったりフィットして、かっさかさの目元にプロデュウ(天然保湿成分)がぎゅんぎゅん入り込んでいく実感が得られます。

 そして大注目なのは、“男性を惹きつけるフェロモン”(オスモフェリン)が配合されているところ。フェロモンは目には見えないものですが、女にとっては俄然ヒートアップする「売り」ですよね。しかし、事に至る前に使用している姿を見られてしまうと、おそらく男性側がヒートダウンするので、注意が必要です。トイレやバスルームなどで隠れて使いましょう。

【珍コスメミシュラン採点表】★★★★★……仮面パーティーでも使用可。

■落ちないと困る人は使用禁止「下まつげ専用マスカラ」(Lily-J)

chincosme02.jpg

 「神は細部に宿る」というように、やはりぱっちり目元を目指すならば、下まつげの一本一本にまで、手を抜いてはいけません。上まつげと同じではなく、ブラシ部分が小さい下まつげ専用のマスカラを使用するべきです。

 数ある「下まつげ専用マスカラ」の中から、今回Lily-Jの商品をピックアップした理由は、一度つけたら2~3日は落ちないという珍・効能があるから。商品説明には「マスカラはすぐに落ちないと困るという方は使用しないでください」という挑発的な文言が踊っています。確かに、毎日毎日、細々とした下まつげにマスカラを塗る手間が省けるのはうれしいですが、「落ちないからな!」と脅されると、逆に怯えてしまいますよね。

 実際に使ってみると、確かにかなりの濃さを持つマスカラで、下まつげが薄いという人でも、グラマラスな下まつげを作り出すことができます。オイルクレンジングで優しくこする程度では、落ちる気配すらありません。その様子はまるで、どんな劣悪な労働環境でも決して辞めようとしない、「社蓄」の風情すら感じさせます。なかなかにしぶといコスメです。

 しかしながら、やはり3日も経過すると、ところどころマスカラが剥げ落ちてきます。ダマになっている箇所が気になり、爪先でこそげ取ろうとしたところ、幾本かの下まつげとさよならすることになりました。「あんなに大切にしていたのに……」と、切なさで胸がいっぱいになったことは、言うまでもありません。

【珍コスメミシュラン採点表】★★☆☆☆……マスカラは毎日落とした方が◎。

■流行メイクに挑戦よ~「涙袋専用メイク もて涙袋モイスチャー」(リトルウィッチ)

chincosme03.jpg

 最近、韓流メイクの1つとして「涙袋メイク」が流行しています。目の下にある涙袋(別名ホルモンタンク)を目立たせることで、目を大きくうるんだように演出するメイク方法です。俳優の宍戸錠のように、もともと涙袋がぷっくり主張している人はいいのですが、目元がくぼんでいる人でも涙袋メイクはうまく決まるのでしょうか。

 この「涙袋専用メイク もて涙袋モイスチャー」は、ブラウンとホワイトベージュのツインペン仕様になっています。ブラウンのペンで目の下の陰影を強調し、ホワイトベージュのペンで高さを出したい部分を塗ることで、涙袋を作り出すのです。パッケージ裏には、懇切丁寧に、「もともと涙袋がある人」「目の下にシワやタルミがある人」「それすらない人」と、3パターンに分けて使用方法を説明しています。ちなみに筆者は、「それすらない人」なのですが、ひとまずブラウンのペンで陰影部分を描きこんでみたところ、楳図かずおマンガにおける「ギャーッ」という表情そのものになってしまいました。鏡に映った、冗談のような自分の顔に不安がよぎりつつ、陰影の上にホワイトベージュのラインを引いたところ、まるで落書きをされたかのような、不自然さばかりが目立つ目元が完成しました。

 多分、涙袋が多少なりとも確認できる人でなければ、練習につぐ練習をしなければいけないコスメかもしれません。真っ平、もしくはくぼんだ下まぶたに、茶色とホワイトベージュの色を乗せても違和感がないという、「奇跡のライン」を追い求めなくてはいけないでしょう。もし、どうにも使いこなせないという人は、仮病の際に、さっとブラウンペンで陰影を強調するのがオススメ。上司に、「顔色が悪いから、早く帰りなさい」と気遣ってもらえるはずです!

【珍コスメミシュラン採点表】★★☆☆☆……モテるか心配されるかはあなた次第。

韓国の珍・コスメ募集中~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに