ついに懐柔されたか

文藝春秋がAKB48公式本発売で、第2の指原スキャンダルは幻と消える?

akb_all.jpg
ヤクザな世界よね~まったく!(撮影:後藤秀二)

 AKB48のスキャンダルを“唯一”掲載できる媒体と言われていた「週刊文春」(文藝春秋)が、ついに降伏してしまったとネット上で話題になっている。「高橋みなみの母親逮捕」「指原莉乃がファン男性と交際」など、他社が後追いすら尻込みしたAKB48スキャンダルを報じてきた「文春」。しかし、同発行元から『AKB48 東京ドーム公演 オフィシャルムック AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』が今月23日に発売されることとなり、ついにスキャンダル記事は封印と見られているようだが……。

 同書は、今夏開催されるAKB48東京ドーム公演の、いわば公式パンフレット。公演翌日に卒業が決定している前田敦子の特集も組まれており、完全にファン向けに作られた内容となっている。さらに「文春」のグラビアページに2週続けてAKB48メンバーが登場したこともあって、いよいよ敵対関係も解消されたと言われているのだ。

「しかし『文春』の編集部内では、公式ガイドブックの出版自体、情報解禁まで把握していなかった可能性もありますよ。出版社内で連携が取れていないケースというのは非常に多く、単純にグラビア掲載=和解に繋がるとは限りません。さらに今回は、たまたま指原のスキャンダル掲載の直後にオフィシャル本がクローズアップされてしまっただけに、『文春はAKB48に懐柔された』と感じる人も多かったのでは」(週刊誌記者)

 さらに、こうした声が挙がってしまうことで、より「文春」がAKB48のスキャンダル報じることに熱意を燃やす可能性も高まるという。

「『文春』は新編集長に交代してから、『読者目線を意識する』方針になったと言われており、メルマガ読者のアンケートを定期的に掲載するなど、ネットの声も非常に意識しています。ネットで『文春がついにAKB48に寝返った』などと言われているのならば、逆に燃えてスキャンダルを連発したがるはずですよ」(同)

 すでに「AKB48スキャンダル=文春」の構図は完成されつつあり、今後も指原の元交際相手のように、『文春』にネタを提供する人物が現れるのではといわれているとか。年内には何事もなかったかのように、スキャンダル記事が掲載される可能性は高い。

 女性誌、写真週刊誌でもご法度と言われるAKB48スキャンダル。果たして今後、「文春」さえも屈してしまう日は訪れるのだろうか?

「もし公式ガイドブックが30万部、40万部と好調な売上を記録すれば、『文春』のAKB48スキャンダルは、落ち着くかもしれません。スキャンダルを望まないファンができることは、CDと同じく同書を大量買いすることですね(笑)」(出版関係者)

 AKB48と「文春」の戦いは、まだまだ続くことになりそうだ。

週刊文春編集部! 見せつけてやんな!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  17. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  18. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  19. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  20. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー