[TVツッコミ道場]

磯野貴理子の再婚を、お家芸“過剰あおり”で祝福した日本テレビ

kirikoisono.jpg
磯野貴理子公式サイトより

 “番組から衝撃の重大発表! 今夜、出演者の誰かの人生を左右する重大な出来事が!”

 なんだか盛大にあおっているが、これは8月5日放送の『行列のできる法律相談所 夏の2時間SP』(日本テレビ系)の番組欄に書かれていた文言である。

 放送前に、ヤフーニュースのトップに、この一件の記事が出てしまっていたが、「誰か」は磯野貴理子、そして「衝撃の重大発表」とは、以前から付き合っている24歳年下の彼にプロポーズされるということ。「貴理子の再婚」が、「衝撃の重大発表」に相当するということか。

 日テレのこうしたあおりといえば、『芸能★BANG+』が記憶に新しい。オセロ・中島知子騒動の時に、「渦中の占い師登場」とあおりまくった挙げ句、結局登場しなかったことが問題になった。そして番組自体も、7月に打ち切りになったばかり。もったいつけすぎて、「貴理子かよ!」となってしまうのも、ちょっとかわいそうだし、事前に知られておく方がよかったのかもしれない。

 番組も、『芸能★BANG+』の件を考慮してか、冒頭ですぐに、「今夜ついに貴理子の24歳年下の彼、東吾くんがサプライズ・プロポーズ!!」とネタばらしをしていた。その代わり、プロポーズコーナーが始まるまでの間、全然関係ない場面でも、<貴理子がついに結婚!? 24歳年下のイケメン恋人が今夜プロポーズしますSP>というテロップをでかでかと表示し続け、「いつ始まるんだ」と、視聴者をあおっていたわけだが。

 しかし、ただのプロポーズでは済まされないのが『行列』。「思わぬ事態に!?」といって、「一緒にいるのが嫌なの?」と涙ぐむ貴理子のアップが流される。「あれ、プロポーズのはずが、やっぱりダメなの!?」と、視聴者のハラハラ感をまたもあおる。

 さらにCMに入るたび、<貴理子に重大事件! 一体何が!? スタジオ中が号泣! 涙のワケとは!?>というテロップとともに、「どういうことなのこれ……? 何を言ってるの……」と涙する貴理子のカットが挿入されるのだが、30分の間に、これを4回も見せられた。だんだんおなかいっぱいになってきたところで、ようやく本編がスタート。実は、プロポーズの前に、出演者全員による「別れ話」のドッキリを仕掛けようというのが、今回のねらいだったのだ。

 そのドッキリの仕掛け人として、手をかざすだけで心が読めるという設定の外国人超能力者が登場し、貴理子に手をかざす。「……何か不安を感じます/誰かを失いたくない」という言葉に、「いやいや……え!?」と、テンパる貴理子。超能力者が、彼の気持ちを読み取り、「あなたと一緒にいたくないと思っています」と告げると、(どっきりだけど)貴理子は泣き出してしまう。そこへ、別番組の収録で来ていたという(なんだその偶然)、彼氏が登場。いい機会だから、ここで気持ちをハッキリさせようという振りに、彼氏は「実は渡せなかった手紙がある」と言って、その手紙を朗読し始めた。

 楽しかった思い出をずらずら並べ、過去形で綴られる手紙。「いつまでも貴理ちゃんに甘えちゃダメだなって思いました」「僕ももう25歳、そろそろ自立する時です」「貴理ちゃん今まで支えてくれてありがとう」など、その文脈は、完全に「お別れ」を思わせる。けれど、決して「別れよう」とは一言も書かれていない。全部彼が書いたのなら、相当うまい。

 そうして、ひととおり貴理子に別れの覚悟をさせた上で、ついに「結婚しよう!」というプロポーズ。どっきりだけど、共演者たちもみんな号泣していた。

 途中で共演者の宮迫が、「この番組は貴理子の人生に関わりすぎだろ」とツッコんでいたが、前の結婚、離婚、新しい彼との出逢いなど、貴理子の人生には、必ず『行列』が関わっている。結婚式のレポートも、この番組でやることは間違いない。今後も番組が続く限り、貴理子の人生を追いかけていくのだろう。できれば離婚報告を、番組内でやらないことを願います。貴理子さん、おめでとうございます。
(太田サトル)

「素敵やん」教のエリート門徒ね

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

磯野貴理子の再婚を、お家芸“過剰あおり”で祝福した日本テレビのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場行列のできる法律相談所のニュースならサイゾーウーマンへ!