[短期集中連載]「忍たま乱太郎」のイケメン俳優に聞いてみよう!

『忍たま乱太郎』で2.5次元界のアイドルに? 南羽翔平クンに直撃

nanba-main.jpg
『忍たま乱太郎』仙蔵役、南羽クンが登場!

1993年に放送が始まったアニメ『忍たま乱太郎』(NHK)。そのミュージカル版が2010年より年2回ペースで公演され、女性から人気を博しているのはご存知でしょうか? 2次元でも3次元でもない「2.5次元」の世界で注目を集めているイケメンくんたち。その実生活に迫るべく、1回目となる今回は、ミュージカル版第二弾から六年生・立花仙蔵を演じていた南羽翔平くんに登場してもらいました。

――最近出演された舞台のお話を聞かせてください。

南羽翔平(以下、南羽) 『ミュージカル 忍たま乱太郎』の第三弾、第三弾再演で主役・仙蔵を演じて座長も務めさせていただきました。仙蔵を演じたのはこれで4回目なので、長髪のカツラにも慣れたと言いたいんですが、まったく慣れなくて(笑)。ダンスとか立ち回りがあると、どうしても髪の毛が前にくるので大変でした。

――クールな役なのに、劇中でしんべヱや喜三太に髪の毛を振り回されて、髪が爆発するシーンもありましたね。

南羽 爆発したボサボサの髪と衣装を、衣装さんにダメ出しされながら、毎日早着替えの練習をしました(笑)。

――『忍たま~』千秋楽では、お客さんがみんな泣いていたそうですね。

南羽 千秋楽は、やっぱり独特の雰囲気があって、幕が上がった時からすでに泣いている方もいましたね。六年生のキャスト全員で歌う曲があるんですが、そこで結構グッときてくれたみたいで……。今回の再演は、前回から1人もキャストが変わらなかったのでチームワークが良く、こんなにバランスが取れたメンバーはなかなか揃わないなって、自分たちでも言っていたくらいなんです。それぞれのキャラクターの役割や立ち位置が、普段からも少し似ているとこがありました。

――殺陣に歌にと盛りだくさんの内容で、出演者の方は汗をかいていましたね。

南羽 僕、すごく汗をかくんですよ。第二弾再演の時に、六年生メンバーが全員で顔を見合わせて歌うシーンがあったんですが、「南ちゃん、ホント汗すごいからこっち向くのやめてほしい。笑っちゃうから」と言われてしまって(笑)。でも僕は歌いながら「こっち見て!」って合図を送るんですよ。

――でも南羽さんの汗はいいニオイがしそうです。

南羽 その前の舞台『鬼切姫』でも汗には苦労しまして。練習の時に着ていたTシャツにラメがついてたので、汗でそのラメが手についてキラキラしちゃったんですよ。そしたら、『忍たま』でも共演した前内孝文さんに「妖精みたい」と言われて(笑)。「ティンカーベル」とか「ティンク」と呼ばれたり。「南ちゃんの汗を浴びると空飛べる」とキャストにからかわれたりしましたね(笑)。 あと、以前は汗をテッシュで拭いてたんですが、顔にティッシュがついたまま舞台に上がってしまったことがあったので、それからはキッチンペーパーで拭くようになりました。でもすごい量を使うので、ワンロールを1~2日で使ってきっちゃうんです。

nanba-04.jpg

――『忍たま』や『鬼切姫』など時代物への出演が続いてますね。

南羽 『忍たま』も『鬼切姫』も、オーディションの時に刀が出てきたんです。僕は剣道3段なので剣や刀も好きですね。

――プライベートをお伺いします。芸能界にはどういう経緯で入られたんですか?

南羽 高校3年生の時に東京の大学のオープンキャンパスに来て、余った時間で原宿に寄ったら、その時にスカウトされました。そのまま社長に会って、その日は岡山に帰ったんですが、後日「進路はどうするの?」と連絡がきて。人と触れ合える仕事がしたいなと考えていたし、こうやって声もかけられたし、この仕事も面白いかも、と思って決めたんです。

 そして、東京の大学に行かなくちゃと上京して、芸能活動は親に内緒にしていたんです。でも今回、『ミュージカル 忍たま乱太郎』の舞台には両親に来てもらって、それから父が応援してくれるようになりました。

――今後はどのような仕事を展開していきたいですか?

南羽 舞台が続いているので、ドラマや映画といった映像作品にも力を入れてみたいです。地方ロケとか、その地域に行って役と向き合って、ストイックに自分を追い込んでみたいです。

――好きな女性のタイプを教えてください。

南羽 僕、自分の好きなタイプが本当にわからなくて……。好きな顔のタイプもバラバラなんですよ。内面の部分で、その時の自分にないものを魅力に感じるかもしれません。

nanba-02.jpg

――休みの日はどう過ごされますか?

南羽 『ミュージカル 忍たま乱太郎』の時からそうなんですが、仕事で身体を動かしているからか、癒やしを求めて温泉に行っています。キャストの家の近所の温泉に行って、そのまま泊まって、みたいなことをしています。1人の時は、気分転換に稽古前に走ったりしています。

――幼少期は、どんな子どもでしたか?

南羽 親の顔色を伺って、いい子を演じてました(笑)。親の前との使い分けが上手くて、要領が良かったと思います。親に反抗期がなかったって言われるんですよ。確かにグレたりはしなかったですね。運動神経も良くて、高校は男子校で剣道部でした。剣道は、小学校2年生の時から8年間やっていて、今でも家には防具と竹刀を見えるところに置いています。小さい頃から剣道をやっていたので、一応礼儀はちゃんとしているつもりです。でも、夏休みの宿題は最後の日にやるタイプで、ちなみに小学生の時は、「宿題」と「掃除」って言葉が嫌いでした(笑)。

――最後に今度出演される『タイツの花道』についてお聞かせください。

南羽 『タイツの花道』は、今年で10周年になる劇団スーパー・エキセントリック・シアターの作品です。名前の通り衣装は全身タイツなんですが、犬役をタイツ姿で演じたり、洗濯機で回されるタイツの話だったり、馬役でタイツになったりと全部で4話あります。劇団のみなさんは、タップダンスがすごく上手いんですが、僕は初めてなので、ついていくのが大変。空き時間にもずっと練習してます。

――南羽さんのみどころは?

南羽 僕がやっている役は、タローという犬役で、犬目線で進む話。コメディ作で、バカなことをすごく本気でやっています。よりバカっぽくみえる手の位置とか、そういう細かい部分から指導してくださっています。感動させるのはもちろんですけど、笑わせるのって本当に難しいですよね。間やタイミングが大事なんだと思うんですけど、それが難しい。あと、本番では全身タイツを着るんで汗が心配ですが、そんな僕のタイツ姿も楽しんでみてください(笑)。

【私物チェック☆好きなモノの写真を撮ってきてください!】

nanba-syame.jpg
(左)「グミの作り方の本」:好きな食べ物はグミ、嫌いな食べ物はすいか、きゅうり
などの瓜系。グミは自分で作りたいほど好きなんだとか。
(右)「育てている観葉植物」:自然が好きで、カメラにも興味があるためジョギング
中に撮影するんだそう。今欲しいものは、カメラとクワガタ!?

nannba-05.jpg

南羽翔平(なんば・しょうへい)
1991年2月2日生まれ 血液型O型 家族構成は、父、母、姉一人、弟一人。代表作は、W・FOXXプロデュース『鬼切姫~第一章・志を継ぐもの~』、『ミュージカル 忍たま 乱太郎 第三弾再演 ~山賊砦に潜入せよ~』立花仙蔵役など。ほかCM、映画など多数。
公式ブログ

8月21日~9月2日、東池袋あうるすぽっとにて、劇団スーパーエキセントリックシアター タイツマンズ10周年記念LIVE『タイツの花道』“覇道篇” に出演予定。

仙蔵の前髪が気になって仕方ない

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『忍たま乱太郎』で2.5次元界のアイドルに? 南羽翔平クンに直撃のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! イケメン図鑑忍たま乱太郎のニュースならサイゾーウーマンへ!