その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「移動車から食い入るように見てる」手越祐也の女子高生好きが明らかに!

【ジャニーズ研究会より】

 8月5日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にNEWSが出演しました。同グループから山下智久、錦戸亮が脱退後、リーダーとなった小山慶一郎ですが、実は焼肉店の個室で自ら「リーダーをやりたい」と立候補したそう。それを聞いた増田貴久はたくさんの焼肉を目の前に、「こういうのオゴッてくれるならいいよ」と言い、早速アワビなどを頼み始めたのだとか。それから先も食事代はすべて小山持ち。まったく関係のない領収書まで小山の名前で切るそうで、「スタジオでお弁当食べたりしたら、“あ、小山で”」と増田。手越祐也はその食べ物の値段が安いと「つまんねーな!」とまで言うそうです。しかし小山は「でも、リーダーをやるにはしょうがないのかなって……」と逆らえない様子。リーダーなのに不甲斐なさすぎます! また、小山におごってもらっているのに文句を言う手越は「僕1番後輩なんですよ」と開き直り。増田によると手越は「もはや財布とか持ってこない」そうで、お会計の時に「えへっ♪」と両手でポケットを押さえてトボケるのだとか。こんなことも、手越だからこそ許されちゃうんでしょうね。

 よく一緒に飲みに行くという4人は、2軒目にメンバーの家に行くこともあるそう。しかし加藤シゲアキの家ではなんとバランスボールでPKし、「そしたらいろんなものがガシャガシャーン! “やめてやめて!”って言ってる間に、冷蔵庫開けてシャンパンがパーンみたいな」。その間、増田はリビングで筋トレ。自由すぎます。さらに後々、手越が加藤の大事な照明に“テゴ”と落書きしていたことが発覚。手越は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク