[TVツッコミ道場]

NHKなのに、オリンピック開会式を妄想しただけの『時論公論』

jironkouron.jpg
『時論公論』(NHK)解説委員室ブログより

 今回ツッコませていただくのは、4年に1度の夏季オリンピックに各局・各番組が浮かれる中、異質さが際立っていたNHK『時論公論』。

 オリンピック開幕直前の7月27日深夜に放送された同番組のテーマは、「まもなく開幕! ロンドン五輪への視点」だった。

 番組を担当するのは、刈屋富士雄解説委員。地味な画面構成で、落ち着いた口調で淡々とロンドン五輪が語られるのだが、その内容は、ところどころ耳を疑うようなものだった。

「イギリス伝統の田園風景を競技場に再現し、見ている世界の人も『あ~、これがイギリスだよね。イギリスと言えば、これだよね』という、代表的な出し物や人が次々と登場してきそうです」

 ??? なにこれ? 開会式予想? 暴走気味に聞こえるのに、驚くことに、ほぼ無表情だ。

 さらに「風刺の国イギリスらしく、ユーモアが」「等身大で過去から現代のイギリスを包み隠さず、自ら風刺を込めて」などの予想が続いた後、トドメに出たのは、こんな言葉だった。

「テレビを見ながら、いろいろなことを話したり、画面に向かってつぶやく、いわゆる“ツッコミどころ満載”の開会式になりそうですが、時間帯が明け方5時からですので、公民館やスポーツバーなどで、みんなとワイワイやりながら見るというわけにはいきません」

 平日23時50分からという遅さ&たった10分間という短さ&地味な雰囲気ゆえに、『時論公論』はこれまでノーマークだったが、まさかこんなに刺激的な番組だったとは……。

 だが、考えてみれば刈屋富士雄解説委員といえば、「金メダルアナウンサー」などとも呼ばれているNHKの看板スポーツアナの1人。荒川静香が金メダルを獲得した際のハイテンション実況「トリノオリンピックの女神は、荒川静香にキスしました!」などをはじめ、これまでにも数々の伝説を残している人物だ。語調を強めたり、叫んだりしなくとも、静かな淡々とした口調の中に「興奮」は十分伝わってくる。

 ちなみに、刈屋解説委員の「開会式予想」を離れ、実際に競技が始まってからも、柔道では「ジュリー(審判委員)」にオジさんたち3人が揃って怒られているように見えるシーンがあったかと思えば、判定が覆って柔道男子66キロ級で海老沼匡が勝利したり、体操男子団体でも、抗議が認められて日本が銀メダルになったりと、別の意味で「ツッコミどころ満載」の大会になってしまってはいる。

 ある意味、なぜか予言のようになってしまった『時論公論』。そもそも「公」の「論」と言いつつ、思いっきり主観的ではないか。深夜であまり人が見ていないのをいいことに、実はけっこうやりたい放題の番組だったりして? 今後チェックしてみたいと思う珍番組だった。
(田幸和歌子)

「伸身の新月面の描く放物線は、栄光への架け橋だ」もすごかった!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム