[ジャニーズ・メディアの裏側]

大人の事情!? 疑問視される浜崎あゆみとTOKIO・長瀬智也の復縁

nagasetomoya.jpg
長瀬さん、さーせん! ガチで信じ
ちゃってたわ

 浜崎あゆみがTOKIO・長瀬智也と再び急接近? 18日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が巻頭記事で復縁を報じたが、業界内では賛否両論が巻き起こってる。この前週には「CDを売るために利用する!? 元カレの名前」として、「週刊文春」(文藝春秋)が復縁について懐疑的な記事を掲載したばかりだったが……。

 「週刊文春」では、8月に発売される浜崎のベストアルバムが『DISC-N』と『DISC-A』という2枚組であることに言及。これらは長瀬と浜崎のイニシャルでは、と指摘している。また、アルバム発表とともに「2人が結婚を発表するのでは」というウワサまで浮上しているという。しかしこの説は、元を辿ると浜崎サイドの関係者がこっそり流しているのだとか。

 「週刊女性」では、長瀬が離婚したばかりの浜崎にアプローチを掛けて、現在では浜崎の母親も公認の関係になっているという関係者の証言を掲載。長瀬が長年交際を続けていた相武紗季とは本当に別れているのか、浜崎は周囲に確認していたそうだ。

「普通は、熱愛報道が出た後に『文春』のようなヤラセ疑惑がささやかれるわけですが、今回は先にヤラセであると報じられる珍しいパターン。エイベックス周辺がどれほど長瀬との復縁説を書いてほしかったか伝わってきますね。本当に交際しているかどうかは別として、やはり浜崎側の焦りが見えてしまいます」(週刊誌記者)

 こうした熱愛報道の裏では、必ず浜崎のリリース不調が同時にささやかれる。レコード業界自体が下火の現在、話題性もなくなりつつある浜崎にはどうしても必要なテコ入れなのだろう。また、長瀬の恋愛事情についてはこんな情報も。

「この復縁情報の少し前、今年5月頃から『長瀬と相武紗季が破局したようだ』という情報が、地方ワイドショーなど一部から広まりつつあったんです。今思えば、あゆとの熱愛再燃の“下地”を築いたような気もしてきますね。もはや浜崎ファンからしても『そこまでして構ってほしいのか』なんて声もあがっていますよ」(同)

 交際の真偽は掴めないままだが、浜崎の話題作りが狙いならば大成功といえるだろう。美男美女カップルとして羨望の眼差しを受けていた2人の現在の胸の内が気になるところだ。

当て馬としてなら、茂くんもオススメ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決