その他
話題のニュースを斜め読み! 駆け出しアシスタント・Tが選ぶ蔵出し芸能記事

「BUKKAKE女」に「生ゴミ女」を擁する韓流ヲタ 熱狂的ファンの生々しき業

──ツッコミ待ちのお騒がせ芸能人や世間で話題の芸能ニュースを何倍も楽しむため、ゴシップ大好き! 駆け出しアシスタント・T(Kヲタ歴3年/推しメンは東方神起のユンホ)が「サイゾーpremium」の選りすぐり記事を紹介しちゃいます!

1208_2pm01.jpg
2PMは「華のある3人が歌ヘタ」「華の
ない3人が歌ウマ」というV6スタイル
を採用。

 今回は筆者である駆け出しアシスタント・Tお得意のK-POPとそのファンについてのお話。

 先日メンズサイゾーにて「日本人ファンが、K‐POPメンバーの子供を妊娠騒動」という記事が飛び出しましたが、この騒動はK-POPヲタの中でもいち早く話題になっておりました。韓国ではBIGBANGや東方神起にも追随する人気を誇るBEAST。そのメンバーのツイッターアカウントに、「あなたの子を妊娠した」と一方的にリプを飛ばし続ける狂女が現れたという今回の騒動。彼女の妄言はいまだに続いているようですが、愛が故、暴走してしまう”ファン”はなにも彼女だけにとどまりません。

 まずは“野獣系アイドル” 2PM。6月に行われたCD購入特典のハイタッチ会に現れたのは、「BUKKAKE」と(外国人用に英表記でわざわざ)書いたお手製パネルをメンバーに見せつけ、「これを口に出して読んで!」と淫語をせがむ「BUKKAKE女」。

 そんなもの言わせてどうするんだと、いささか疑問。女性が言われてうれしい言葉でもないし、はて。もしくは「ぶっかけられたい」という願望からなのか。それだったら出張ホストにでも頼むべき。もちろんメンバーはそんなもの(意味を知ってか知らずかはおいといて)言うわけもなく……。当の本人はツイッター上で「メンバーに『BUKKAKEパネル』を見せて反応を楽しんだ」と自慢(自慢の意味がわからないけど)、のちに炎上。野獣系アイドルは、ファンも野獣系ってことなのでしょうか。

 打って変わって、 “カワイイ系アイドル”をひた走るSHINeeには「生ゴミ女」が寄生。まだ日本デビュー前のSHINeeをおっかけ、一路韓国へ渡ったくだんの彼女は、SHINeeの宿舎を探し当て(!)、メンバーの所有物であろう自転車に触れたことを契機にその行動をエスカレートさせます。ミクシィにて逐一実況される彼女の”ストーカー行為”は2ちゃんねるに晒され、多くのファンの知るところとなりました。

「SHINeeの生ゴミ持ち帰ってきたwwやばいんすけどwww色々凄い(笑)ヨーグルトやらヤクルトやらストローやら死にそう舐めたいwwwwwww」(原文ママ)

 この一文には読んでいるほうの背筋が凍りそうに。連日連夜宿舎を張り込み続け、ついに本人と遭遇もマネージャーに吹き飛ばされるというオチ。しかし「(メンバーが)私のこと見てくれてた」とのたまう図太さ。それ、見てたんじゃなくて、狂女に怯えてたんじゃないの……。

 ほかにも、韓国最年少グループTEEN TOP来日時の羽田空港で、恰幅のいいSPをすり抜けメンバーに突進していった女性の映像がYouTube上で「イノシシ女」と題されて公開されたり、先日行われた東方神起のイベントには”元・メンバー”であるJYJメンバーのコスプレをし顰蹙を買う「KYコスプレ女」が現れたり、K-POP女ヲタのマナー違反な暴走が止まらない様子。

 なぜこういった過剰に暴走する”痛いファン”が多いのか。理由はいくつかあるようです。

 まず、K-POPアイドルの日本活動を仕切る各レコード会社が、ファンの統制をうまくとれていないということがあげられるでしょう。常日頃からアイドルを所属タレントとして抱え、マネージメントのノウハウ、そしてファンへの対応に慣れている芸能プロダクションとは違い、多くのレコード会社はあくまでCDのプロモーションがメイン。そんなレコード会社が、K-POPアイドルの来日時だけいわゆる”芸能プロダクション”的に機能しようとしても、そううまくいかないのは目に見えていること。

 天下のジャニーズ事務所のように、何か問題を起こしたファンにはファンクラブ会員としてペナルティを課すなんてこともできず、野放しに。東方神起の場合は日本の宿舎にまでおっかけがたむろしたことで、メンバーは幾度となく引っ越しを強いられるはめになったとか。ジャニーズをはじめ、鉄壁の防御線を張る日本の芸能プロダクションではありえない事態です。

 また、韓国人ファンの”熱”が日本人ファンに伝染した、という側面もあるようです。韓国のアイドルファンはとにかく過激。「サセン(私生ファン)」と呼ばれる行為が横行しています。ジャニヲタ用語を借りるならば「ヤラカシ」というやつです。

 夜な夜な出待ちをする少女たち(韓国のアイドルファンは10代が主な年齢層)が事務所前に集まり、事務所から出てきたアイドルをタクシーを使って家まで追いかける(ちなみに韓国のタクシー代はおどろくほど安いのです)。ご飯を食べに店に入れば、同じ店に入りじっと見守る(見られるほうは食いづらかろうに)。そんな彼女たちにアイドルが直接一言抗議でもしようものなら、ネット上で悪口や嘘を流布され評判を落としかねない。それに相手は未成年ということもあり、軽く注意することでしか対処できないのだとか。

 もちろん、マナーを守って応援している韓国人ファンも大勢いますが、そんな一部「サセン」の評判を聞いた日本人が、どうも影響を受けて「ヤラカシ」に変貌しているようです。

 これも人気の証? アイドルの宿命? しかし、「アイドルたちが不憫」だと思う前に、「女の業とはかくも深くどろついているものか…」と閉口してしまいます。

 なんて、平静を装ってここまで書いてきましたが、もしユンホが近所にでも現れたら仕事ほっぽりだしておっかけちゃうんだろうなぁ……。だろうなぁ……ってこともない。行きますよ。かつてない全速力で。

 とはいえ、度を越したおっかけ行為はアイドルやその周辺に当然迷惑をかけます。アイドルはテレビ越しに見ているだけでわくわくするものです。たまにご尊顔を拝みにライブに行ければ充分。だって歌い踊るだけで煌めくのが、アイドルの姿だもの!

 おっかけなんかより、録画した番組を何度も何度も見返したり、CD売り上げをチェックしては我が身のように一喜一憂したり、グッズを持ち寄ってヲタ友と夜明けまで語りあったりしているほうが楽しいじゃありませんか!

 熱く語ってしまいましたが、さてさて、人のヲタ見て我がヲタ直せ、ヲタの写し鏡はヲタ! ということで、今回は「サイゾーpremium」の過去記事内から、あらゆる「ヲタ座談会」を集めてみました(もちろんここに登場されるの方々はルールを守ってヲタ活動に勤しんでいます! 多分!)。さまざまな”アイドル=偶像”の種々多様なヲタが、現場の生の声を聞かせてくれています。

 これを読んで「ちょwwwコイツら痛いんですけどwww」なんて思ったアイドルファンのアナタ、それはそのまんまアナタの姿ですからね!!

【オススメの「サイゾーpremium」芸能記事】

【嵐ヲタ】
どの「嵐本」がいちばん萌える? 非公式だって愛する「ヲタの論理」

非公式なグッズのほうがよかったりするんですよね……。わかるわぁ……。

【イケメン俳優ヲタ】
応援しないと消えちゃいそう!!イケメンを支えるファンの叫び

知り合いの若手俳優ヲタに、「彼の家のポストからガス代明細を盗み、なおかつそれを支払った」と自慢されたことがありますが、まさにアイドルを生かすのはファンだという……。(犯罪ですので、マネしないでください)

【AKBヲタ】
AKB48期待の新人・光宗薫は”アイドル界のジャンヌ・ダルク”になれるのか?

AKBヲタの熱が、日本経済をまわす昨今。白熱の様子が伝わる座談会です!

【アニヲタ】
彼氏、合コン、JK時代の友達関係……「JJ」読モも『けいおん』萌え!? リア充アニメ好き女子座談会

「ヲタだけどリア充」とかなんなんですかね、この企画。そういうのヲタって言いませんから!!

【トンペン】
男性ファンも参戦! 東方ヲタ”メロメロ”座談会

最近ますます男ヲタ増えてます。2人のビジュアルが『春を抱いていた』みたいだから?

【エグヲタ】
ファンがぶっちゃけ! 私がエグを愛する理由

電車内で見かけるエグヲタは大概ジャージ着用。

【芸人ヲタ】
キムタクより抱かれたいんです~!? 女たちから愛された「モテ男芸人」を大発表!

芸人ヲタもこれまたすごいことになってるんですね……呆気。

【バンギャ】
整形、合コン、実は非イケメン……バンギャが語るV系メンバーの”素顔”と”下半身”事情

整形してようがセックスしてようが大麻吸ってようが好き! それがヲタたるものです!!

編集部もヲタまみれの「サイゾーpremium」ではこのほかにもアイドル関連の記事盛りだくさんです!

1lineimg.jpg

■「サイゾーpremium」とは?
雑誌「サイゾー」
のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)
詳しくはこちらから!



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「BUKKAKE女」に「生ゴミ女」を擁する韓流ヲタ 熱狂的ファンの生々しき業のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 2PMK-POPpremium東方神起のニュースならサイゾーウーマンへ!