その他
『エイトレンジャー・ワールド』レビュー

一生懸命おバカを演じる、関ジャニ∞の『エイトレンジャー』お宝写真集発売

eightranger01.jpg
『関ジャニ∞ エイトレンジャー・
ワールド』(鹿砦社)

 関ジャニ∞が正義のヒーローに扮し、荒廃した近未来を舞台にテロリスト集団と戦う近未来SFアクション映画『エイトレンジャー』が、7月28日に公開されます。それを記念して写真集『関ジャニ∞ エイトレンジャー・ワールド』(鹿砦社)が出版されました。

 ∞レンジャーは、2005年、『関ジャニ∞クリスマスパーティー2005』でミュージカル風のコントとして初披露されました。以来、瞬く間に人気となり、関ジャニ∞のコンサートには欠かせないモノに。本書は、06年の『関ジャニ∞ Concert Tour 2006 Funky Tokyo Osaka Nagoya』から、07年『関ジャニ∞ えイトっ!ホンマ!?ビックリ!! ドームコンサート in OSAKA』、08年『KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合』、09年『関ジャニ∞ TOUR 2009 PUZZLE』、10年『横山YOUがヤっちゃいます第3弾コンサート 2010春』、そしてしばしの封印期間を経て11年『KANJANI∞ 五大ドームTOUR EIGHT×EIGHTER おもんなかったらドームすいません』で復活するまでの軌跡を追ったお宝写真集となっています。

 初期の∞レンジャーのショットを見ると、メンバーはみんな茶髪でいかにも“関西のあんちゃん”な雰囲気。よく見るとカラフルなレンジャーの衣装も手作り感があって微妙なゆがみがあり、あくまでコンサートの余興として生まれたものだとわかります。それが年々、ベルトやヘルメットがキラキラとバージョンアップしたり、小道具が凝ったものになったりと本格的なコントに変化。その間、メンバーも茶髪から黒髪に変わり、どんどん垢抜けて、トップアイドルとしてのオーラを身にまとい始めました。本書は∞レンジャーの記録と同時に、関ジャニ∞の成長の記録でもあるのです。

 10年にはブラックレンジャーの横山裕が、ソロコンサートで単身∞レンジャーコントに挑戦。「全然しっくりきいへんわ」と本音を吐露し、当時映画の撮影中だった錦戸亮、大倉忠義に対して「イエロー(錦戸)は『ちょんまげぷりん』、グリーン(大倉)は『大奥』……俺もやりたい」とボヤいて笑わせました。そのコントで横山は昆布を腰に巻いて半裸で登場。その時の、ギャランドゥショットも収録されています。

 本書を通して読むと、∞レンジャーはつくづくおバカなことをしていると実感しますが、しかし、それでもいつもメンバーが生き生きと目を輝かせて演じていることがわかります。おバカなコントも大まじめ。そんな関ジャニ∞の魅力がいっぱい詰まった1冊。映画『エイトレンジャー』鑑賞前に読み、また観賞後に読めば、映画をもっともっと楽しめるに違いありません。

『エイトレンジャー・ワールド』の詳細はこちら

全力でバカをやるって大変なのよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー