迷子になっちゃったのね……

勘違いキャラを卒業!? ジャニーズから共演NGを食らった園山真希絵の行く末

sonoyama.jpg
『ナットウーマン。』(光文社)

 料理研究家・園山真希絵が“ネットアンチ”の攻撃に屈したかと話題になっている。先日行われた東貴博と安めぐみの披露宴に参加した園山だったが、自身のブログにアップされた写真を見ると、まるで花嫁のベールのような大きな白いヘッドドレスを着用。あまりにも空気を読んでいない服装だとして、ネット上では批判の声が巻き起こった。

 園山は11日付のブログで披露宴を詳報。東や安だけでなく、料理から引き出物まで多数の写真を掲載していたのだが、その中の集合写真にはヘッドドレスを着用した園山の姿も。しかし13日現在、この園山の写った写真が削除されてしまったのだった。

「園山は塩谷瞬との不倫騒動で最も名前が売れたわけですが、どちらかというとその後は“被害者”というより“勘違い女”という取り上げられ方をされてきました。バラエティで『去年6人くらい。今年は2人くらい(からプロポーズされた)』と発言した頃から『実は塩谷は園山にプロポーズなどしていなかった』と言われ、また『園山は自身に関わったタレントの情報をメディアに売っているのでは』という疑惑まで浮上し、二股騒動の根底が覆されそうな報道が続出しました」(芸能ライター)

 この勘違いキャラが「キワモノ枠」でウケているのか、現在もバラエティなどでは引く手あまたの園山。しかしこの売り出し方に、園山本人は納得しているわけではないという。

「園山の所属事務所・スターダストプロモーションは、少々勘違い気味なキャラを全面的に押し出して、とにかく仕事をこなしてほしいと考えているそうです。しかし園山としては、少なからず不本意に感じており、一度『店に集中したいからテレビ出演は減らしたい』と、こぼしていたことも。結局は事務所の意向を受け入れて、今でもバラエティのオファーを受け続けているようですが」(週刊誌記者)

 しかしこの攻めの姿勢にも、次第に陰りが見えてきた。

「一部報道でもありましたが、少々行き過ぎの言動やキャラを警戒視され、園山はジャニーズ事務所から“共演NG指定”されてしまったそうです。スターダストといえば、北川景子や大政絢など、ジャニーズとの交際を連想させる女性タレントが多数所属しています。しかしオスカーなどと違って、ジャニーズとの関係はかなり良好とされる事務所でもある。もしかすると園山は、スターダスト初の“ジャニNG”に指定されたタレントかもしれません」(同)

 芸能界で生き永らえるためには、ジャニーズは避けて通れぬ道。本人が迷いを感じている最中の共演NG報道とあって、さすがに本人や事務所もビビってしまったのかもしれない。今回の写真削除は「園山にもブレが生じてきたのかも」(同)というが、このままキャラを押し通すのか、今さら路線変更を図るのか。今後の成り行きを見守りたい。

真希絵たん、押し通せばやがて道となるわよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー