今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

大喜利心をくすぐられる、新党「国民の生活が第一。」という狂ったネーミング

ozawaichirou.jpg
新政会-新しい政策研究会-公式サイトより

◎もっとほかにもあっただろ
 小沢一郎の新党の名前、「国民の生活が第一。」。長いわ、略しにくいわ、人んとこのコピーだわ。イヤな感じが溢れた小沢らしいネーミングであるが。実はコレ、事前に私が考えてた党名候補に入ってたヤツなのである。ちょっと今回ほかの候補も書き出してみようと思うので、以下お付き合いのほどを。

 新党「自由な民主党」、新党「新・新しい風」、新党「ぬけがけ」、新党「柔らかい風」、新党「ヤワラちゃん」、新党「右分け左分け」、新党「新政新進自由太陽神戸三井新党」、新党「トマト新党」、新党「橋下」、新党「ボク余りモン」、新党「のけもの」、新党「壊し屋」、新党「けもの道」、新党「首の皮一枚」、新党「昔の名前で出ています」、新党「新党はじめました」、新党「放射能こわい」、新党「消費税こわい」、新党「和子からの手紙」、新党「女性票は捨てました」、新党「はぐれ党首純情派」、新党「子パンダ」、新党「国民の生活が第一」以上。

◎チョイ悪ブームから早7年……
 昨日、原宿の近くを歩いていたら、すごいカッチョいいハデなオープンカーに乗ったパンツェッタ・ジローラモが。目の前の横断歩道で待つ中学生に「どうぞ」と渡るようジェスチャーで促し、それを反対側からじーっと見ていた私と編集さん(共に中年女性)にウィンクして、ブロロローンって去ってった。
 
 何つうか、「継続は力なり」って感じがした。

◎政伸のキャラ立ちに尽力した美元
 「脚が神経麻痺で、10キロ太った」と激白した高島政伸。「全身じんましんで目が一重に戻った」と同時期に美元。

 この2人、なんだかんだで波長合ってるよな。波長というより、「電波」に近いのかもしれないが。とにかくそれが同じ。やり直せば?

 あと、高島政伸が、山田五十鈴の葬式で、故人の思い出を語っていたのだが、ハンカチを口に当ててしゃべってるもんだから、何を言ってるかほとんど聞き取れなかった。高島政伸ってこんなんだったっけ。美元と結婚するまでは、いい意味でも悪い意味でも目立ったことがないというか、特に印象に残ったことないんだが。今は見るたび何か釘付け。目立てば勝ちの芸能界、ずーっと「イエ~イ」「姉さん事件です」しかコンセンサスのない坊ちゃん俳優でいるより、ある意味これで良かったってことなのかもしれない。……やり直せば?

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク