売れてきたしね

アポ無し取材に辟易のスギちゃん、ご近所は「引っ越さないで」


『ワイルドだろ~』/アニプレックス

 ブレイク中のスギちゃんが10日、自身のブログでマスコミのアポ無し取材について苦言を呈した。現在も都内の激安アパート在住のスギちゃんだが、ドアを開けた途端に写真を撮られたことに不快感をあらわにし、「もう引っ越そうかなだぜぇ」と綴っている。

 しかしマスコミが突然取材に現れたことについて「もともと激安アパートに住んでいることをネタにしたのはスギちゃん本人。テレビでも何度も紹介されているのだから、近隣住民や局関係者から住所が漏れるのは当然のこと」と話すのはテレビ局関係者だ。

「自ら交際相手のファン女性の存在を公表したりと、世間に飽きられることを恐れているのは十分伝わってきますが、だからといってプライベートをネタにした以上、こうした取材も覚悟しなければならないのが芸能界の常。むしろ取材する側からすれば『えっ、本当にイヤだったの!?』と逆に驚いてしまいました」(同)


 ボロアパート暮らしをあえてネタにするオードリー・春日俊彰とスギちゃんでは、どうやら少々ノリが違うようだ。実際にスギちゃんが住むアパートはベランダさえなく、窓ガラスの縁から吊るした洗濯物が歩道にはみ出している始末。どう考えてもプライバシーを重視しているとは思えない物件だ。

「歩道に面した1階の部屋はクーラーや網戸も設置されておらず、売れっ子芸人が住むような部屋ではないでしょう。しかし、スギちゃんがこのアパートに引っ越してきたのは今年初めくらいで、すでにテレビには出演し始めていた時期。高級マンションは無理でも、もう少しランクの高い物件に住むことも可能だったはず」(週刊誌記者)

 「たいして家には帰らないから」「すぐに売れなくなるから」など、さまざまな理由は考えられるが、この物件を選んだのはやはりスギちゃん自身。このままアポ無し取材を拒否し続けるのであれば、確かに引っ越した方がいいのかもしれないが……。

「スギちゃん本人が知っているかはわかりませんが、プライベートの彼は近所の子どもたちに手を振るなど、近隣住民からの評判はすこぶるいい。アパートの外に干してある“あの衣装”や、窓から顔を出して涼むスギちゃんの姿も名物になっているし、アパートからほど近い飲食店亭主も『あの謙虚な姿勢は大物の証し』と太鼓判を押すほど。『スギちゃん、引っ越さないでほしい』と話す子もいました」(同)

 結局のところ、あまりの人気急上昇に、スギちゃん本人も対応しきれていないというところだろう。現在のアパートから引っ越すかどうかはスギちゃん次第だが、今後もプライベートをネタにするのであれば、ご近所ファンたちの期待を裏切ることなく、邁進し続けてほしいものだ。

飲食店亭主の適当な回答が……ナイス!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!