しいちゃんの芸能解説講座【裏】

いまだ根強い人気の聖子に、なぜか好感度アップの紗栄子……CMギャラの秘密

saeko-book01.jpg
『Saeko One and only』(集英社)

編集S 「女性自身」(光文社)7月24・31日号に、広告代理店が交渉の際に基準としている価格をランク付けした「2012年下半期CMギャラランキング」が掲載されていたわよ。優雅な数字ね~、こっちなんてホルモンを3回食べに行ったら消えそうな額しかボーナスをもらえないというのに。

しいちゃん どれどれ、1位は澤穂希で「3,000~4,000万円+チーム協賛2,000万円」、3位にも川澄奈穂美が入っているね。芸能人のトップは安室奈美恵。5,000万円で抜群の安定感を誇っている。

編集S アムロってすごいわね。90年代に席巻した華原朋美、鈴木亜美、TRF、globeら“小室ファミリー”が軒並み没落していった中、いまだに根強く「ディーバ」として支持されてる。紅白で森口博子のバックダンサーを務めて、森口からディーバの座を奪ったのよね!

しいちゃん いやいや、森口からは何ひとつ奪ってないと思うよ! 安室は、初期からの同世代ファンに加えて、かつてのアムラーブームを知らない10代の若いファンも新規獲得しているのよ。2001年に小室哲哉から離れた後、売れ筋路線とは一線を画して独自の路線を追求している点も色あせない秘訣。今年はデビュー20周年ということで、特に注目されているんだって。

編集S ということは、安室が出演していたドラマ『いちご白書』(テレビ朝日系)も再び注目を浴びるってこと? 安室、小田茜、辺見えみり、松岡昌宏、そしてまさかの桜金造が一堂に会する夢のドラマ! ぜひみなさんに見てほしいわ~。もう1人気になるのが、9位の松田聖子の3,000万円。この人もいまだに根強く人気があるね。なんでなんだろ。

しいちゃん 聖子は、企業幹部が聖子ちゃん世代ということで支持が高いの。それはメディアも同じ。若い芸能記者サンも「上部が聖子世代で、6月の再婚も詳しく取り上げるよう命じられたものの、部数や視聴率はまったく伸びなかった。それでもなにかというと、聖子聖子というんだよね……」と嘆いてたよ。

編集S 離婚組は影響ないの? 昨年末離婚した宮崎あおいや今年離婚した浜崎あゆみと紗栄子は?

しいちゃん 12位の宮崎あおいはややダウンして2,500~3,000万円。昨年から元夫・高岡蒼佑の韓流批判騒動のせいで価格が下がり続けていたんだけど、「女性自身」の記事によると「彼女の知名度を考えると、さすがに下がりすぎた。ここへきて底を打った感がありますね」とのこと。20位浜崎あゆみは据え置きで「3,000万円(交渉可)」となってる。記事によれば、「離婚以降、キャスティング会議で名前が挙がらなくなっている」とのことだけど、あたちが思うに、離婚が原因というより、かつてのようなヒット曲がなくなったことが原因じゃないかしらね。25位の紗栄子はなぜかアップして2012年上半期の2倍の2,000万円!

編集S 紗栄子はネットでは叩かれがちだけど? 

しいちゃん ネットユーザーや30代以上の女性、特に既婚女性からは叩かれがちの紗栄子だけど、10~20代の若い子からは「紗栄子と同じ髪色にしたい」「紗栄子が叩かれてるのは知ってるけどかわいい」とファッションリーダー的な扱いを受けているの。それに離婚はしたとはいえ、メジャーリーガーとなった球界の宝を射止めたという実績を残し、経済的には安泰。その憧れがあるようよ。

編集S 「球界の宝を射止めた」って……。若者よ、きちんと避妊する男&女であれ! ちなみに昨年結婚して今年出産した小雪、今年電撃結婚&妊娠した黒木メイサはどう?

しいちゃん 2人とも上半期より1,000万円の大幅ダウンで28位「2,000万円(交渉可)」。小雪は、出産から1カ月半後に出席したイベントで、「子どもがかわいいと思えなかった」と発言したことがマイナスポイントに。記事によれば「ママタレント全盛の今、子どもに対してマイナス意見を言うのは御法度」なんだって。あの発言は、育児経験のある母親たちからは、「嘘がなくていい」「共感できる」「ちゃんと自分で世話をしてるということがわかる」と好印象だったようだけど、自分の妻の育児を手伝ったことがない企業のオジサンがたにとっては「けしからん!」ということなのでしょう。“育児がしんどい”発言は、くわばたりえみたいなイメージに関係ないタレントでないと、収入を奪いかねないとなると、ますます頭がお花畑のママタレントが増えそうだわ~。一方、黒木は、「妊娠は問題ないが、夫のファンからの攻撃を心配するクライアントも」いるんだって。

編集S ちょっとちょっと、イノッチファンは瀬戸朝香のCMに文句なんてつけないぞ! え? イノッチは人気がイマイチだから? そんなわけないじゃない!! それにしても、芸能人にとってイメージは死活問題ね。「女性自身」の記事には男性タレントのCMギャラランキングも掲載されているから、ぜひチェックしてみてね~。

若者の「かわいいなら良し」感覚のみが支えてます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー