どうせウワサされるなら、ね

ベッキーもピンチ!? Twitter交流で張り込まれていた平野綾とダルビッシュ

becky02.jpg
『ヤルキスイッチ』/EMIミュージック
ジャパン

 Twitter上でのベッキーとチャン・グンソクの交流が話題になっている。先月26日、ベッキーはたまたまグンソクと日本テレビのエレベーターで乗り合わせたとツイートした。するとグンソクは数時間後にベッキーのアカウントをフォローし、自身のアカウントも「パロイング(※フォロー)してね!^^」とメッセージを送ったのだ。

 もともとベッキーはフォロー数0人を貫いていたのだが、グンソクは「ベキちゃんはしないね。私がきらいですか?心がいたいだよ。。。」と自身のアカウントをフォローするようアプローチを仕掛ける展開に。最終的に「お互い一週間限定で」という条件で、相互フォロー状態となったのだった。

 その後もグンソクは「こんど日本にいけばサインcdあげたいね!オレの心といっしょうに!」「とつぜんベッキーちゃんが会いたいになちゃった。ベッキーちゃん!ブサンにきてね!」と、慣れない日本語でベッキーに呼びかける。アプローチを掛けるグンソクと恐縮するベッキーのつぶやきは、連日多数のファンからリツイートされていた。

「あくまでTwitter上だけのおふざけのように見えますが、実際にこうした流れでプライベートでも交流した有名人がいるんです。声優の平野綾と、メジャーリーガーのダルビッシュ有ですよ」(週刊誌記者)

 2010年12月、ダルビッシュはTwitter上で「声優の平野綾さんの声が綺麗」とつぶやき、平野もそれに「ご丁寧にどうもありがとうございます」と返信。その後ダルビッシュが平野をフォローしたことを受けて、これまでひとりもフォローすることがなかった平野もフォロー返しを行っていた。ダルビッシュの平野に対する「DM(※ダイレクトメッセージ)送りました」というやり取りなどが、一部ニュースサイトなどでは話題になっていた。

「その後の2人のやり取りは明らかになっていませんが、実際はすぐに連絡先を交換して、少なくとも一度は、ダルと平野は密会しています。当時は既婚者だったダルが、人気アイドル声優とプライベートを共にしたということで、複数の媒体が平野の自宅マンションを張り込んでいましたよ」(同)

 2人が対面を果たしたのは、Twitterでのやり取りからわずか1カ月以内だったという。「しかしその後、平野が別の男性とマンションに帰宅することはありましたが、結局ダルとのツーショットは撮れずじまい。どうやら2人が会ったのは最初の一度だけだったようです」(同)

 超一流アスリートと人気声優の交流はすぐに収束してしまったようだが、万が一にも現場をマスコミに押さえられてしまっていれば一大事だったはず。有名人同士の意外な交流にはファンも興味津々だが、よからぬ展開を招いてしまわぬよう、ベッキーには是非とも気をつけてもらいたいものだ。

まだ歌ってた

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー