キャンキャン吠えてるっぽいです

エイベックスに不信感を募らせる浜崎あゆみ、同社恒例の夏フェスは波乱の予感!?

hamasakiayumi0202.jpg
いつの間にか、小姑みたいな立ち位置ね

 エイベックス恒例の野外フェス「a-nation」が今年も開催されることとなった。今年は、東京・味の素スタジアムと大阪・長居陸上競技場をスタジアム会場とし、そのほかにも代々木体育館やSHIBUYA-AXなどで、10日間に渡ってライブステージが行われるという。この新しい試みにファンからの注目が集まっているが、昨年とある騒動を巻き起こした歌姫をめぐり、“テコ入れ”もされているようだ。

 現在オフィシャルサイトで発表されているのは、出演アーティストと出場日程。ドーム公演は東京と大阪でそれぞれ2回ずつの計4公演だが、一昨年まで「a-nation」での大トリを務め続けてきた浜崎あゆみは、東京最終日のみの出演となっている。

「浜崎は昨年、主催者側からセットリストの変更を強いられたことをTwitterで暴露して騒動になりました。今年も、本来であれば、大阪公演にも出演してしかるべきですが、また今回もなんらかのイザコザが発生することをエイベックスは危惧しており、結果的にラスト1日だけの出演ということに落ち着いたようです」(芸能プロ関係者)

 同イベントへの不信感を訴え、大トリを辞退したとTwitter上で明かした浜崎。「出演する事さえも、実はギリギリまで悩みました。(中略、「a-nation」に不信感を持った理由は)セットリストの変更を突然強いられた事と、尊敬する先輩方や可愛い後輩達の存在を尊重してもらえなかったから」と、エイベックスに対する批判を展開した上に、自ら騒動の裏側まで明かしてしまったのだ。

 一説には、デュエット相手であるジュノとの共演が、東方神起の所属事務所の横槍で行えなくなったことに不満を爆発させたとも言われているこの騒動。しかし、この一件以外にも、当日にはこんなトラブルもあったという。

「ある公演で、TRFのメンバーが『本心では自分たちがトリを飾りたい』と話したことによって、浜崎は本番当日の土壇場で『私が何とかする!』と、TRFをトリに持って行くようスタッフに指示を出したんです。しかしその日は、三代目J Soul Brothersが大トリを条件に出演を許諾していたため、そう簡単に動かせるものでもなかった。しまいには、なんとか浜崎を落ち着かせるため、エイベックス幹部が舞台裏で説得する事態にまで発展してしまったんです」(レコード会社関係者)

 浜崎は同社の功労者であり、他アーティストたちにとっても、頼れる姉貴であることは間違いないだろう。しかし「当日の土壇場になって、毎回こんな物言いをされてしまっては、エイベックスとしても庇いきれないでしょう」(前出関係者)という声もあり、結果的に落とし所となったのは最終日のみの出演だったというわけだ。

 今回も、なんらかの騒動が発生してしまうのか。フェスの成功を祈りつつ、静かに見守りたい。

「クレイジー・ゴナ・クレイジー♪」の時代とはなんだったのか。

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー