信者が監視?

ケイティ・ホームズをつけ回す不審車両、“サイエントロジー離婚”の恐怖

KatieHolmes-big.jpg
虎視眈々と反撃の時を見据えていたケイティ・ホームズ

 50歳の誕生日を目前にして、従順だった妻から突然離婚を突きつけられたトム・クルーズ。妻のケイティ・ホームズはトムと結婚するため、サイエントロジーに改宗し同教のカウンセリングも受けるなど努力してきたが、次第に嫌悪感を覚えるようになったとのこと。愛娘スリをサイエントロジーに染めながら育てようとするトムに、これ以上我慢できなくなり、離婚という結論に達したと見られている。

 6月29日にニューヨークで離婚を申請したと報じられたケイティ。単独親権を主張しており、よほどトムに対して嫌気がさしているようだ。ハリウッドのバカップル、トムキャットとまで言われた2人だが、やはりサイエントロジーによって仲を引き裂かれたようだ。

 大ヒット青春ドラマ『ドーソンズ・クリーク』でブレイクしたケイティは、27歳の時に「少女時代から憧れていた」16歳年上のトムと出会い、交際に発展。2005年10月にパリのエッフェル塔でプロポーズされた直後に妊娠が判明、出産後に赤ん坊と共に結婚式を挙げた。ケイティは、幼い頃にローマカトリック教会の洗礼を受けており、ずっとクリスチャンだったが、結婚のためにサイエントロジーに改宗。結婚式も、サイエントロジー式のものだったが、トムが望むことなら何でも受け入れようと努力している姿が見受けられた。

 しかし、ケイティは出産するにあたり、サイエントロジーの異様な儀式に違和感を感じ始めるように。サイエントロジーは、出産で痛み止めなどの薬物を使うことを禁じているほか、母親がお産の痛みに唸ったり大声を出すと赤ん坊がトラウマになるため無言で産まなければならない、と説いている。トムは、ケイティにこのサイレント・バースと呼ばれる「沈黙出産」をさせようと、教会の言葉が書かれた巨大なプラカードを自宅に搬送。アメリカの妊婦たちが楽しみにしている出産前のベビー・シャワーと呼ばれているパーティーもサイエントロジー・センターで厳かに行われ、悲し気な顔をしていた。

 ケイティが決定的にサイエントロジーを嫌っているようだと報じられるようになったのは、09年のこと。トムの意見を押し切り、スリをカトリックの学校に通学させる決断を下したことが明らかになってからである。しかし、その後に開催されたサイエントロジーのパーティーにはケイティもスリも出席。トムのスピーチが終わった後は、立ち上がり拍手を送ったそうだが、顔はひきつっていたと伝えられ、世間から同情が寄せられた。

 米芸能ゴシップサイト「Radar Online」によると、トムはサイエントロジーの教えを強要しようとするだけでなく、ケイティがどんな仕事を受けるか、いつどこに旅行に行くかなど、何もかも決定しなければ気が済まず、そんなトムのモラルハラスメントぶりに、ケイティはこれ以上耐えられなくなってしまったとのこと。トムは、彼女の名前がケイティなのが気に入らず、「ケイトと名乗れ」と言い続け、このことにも彼女はうんざりしていたという。カトリックのプリスクールに通うことになったスリだが、トムがサイエントロジー式に娘を育てたいと強く願っているのは誰の目から見ても明らかで、ケイティは相当のプレッシャーを与えられていたに違いない。

 サイエントロジーの影響を危惧したケイティは、夫婦のうち片方が離婚したければ、もう片方が拒否しても、離婚が認められるニューヨーク州で申請する決心をしたとのこと。同州で離婚を申請する条件をクリアするため、数週間ほど前に市内のマンションに入居する賃貸契約を結び、スリと共に移り住むなど、着々を準備を進めてきたという。

 実は、この数週の間、ケイティを追いかけているパパラッチたちは、彼女の後をピッタリと追う不審な黒のメルセデスSUVと白のキャデラック・エスカレードの存在に気がついていた。米ゴシップサイト「TMZ」は、離婚に向けて動き出したケイティの行動を見張るために、監視役として派遣されたサイエントロジーの信者だろうと報じており、改めて、得体の知れない教団だと世間を震え上がらせている。

 トムも、間もなくカリフォルニアで離婚を申請すると見られており、前妻のニコール・キッドマンとの離婚裁判で世話になったセレブ御用達弁護士のデニス・ワッサーに依頼するようだ、と報じられている。トムの友人で、過去にサイエントロジーをネタに侮辱された際に弁護を担当した、バート・フィールズは、「トムは論争を嫌う人だから、係争に発展しないことを祈るよ」とコメント。結婚当初、話題になった婚前契約の詳細について問われると、「ノーコメント。そのうち明らかになるだろう」と回答した。流出している婚前契約の内容が本当ならば、ケイティは1,500万ドル(約12億円)の慰謝料を受け取ることになる。

 今後、辛い闘いをすることになると予想されているケイティだが、スリを溺愛しているトムが、どのような手を使うのか、ケイティに奥の手はあるのか、今後、しばらく2人の離婚騒動から目が離せそうにない。

無言で産めって、寝言ですか?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!