今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

澤穂希らしさが生かされてない! スキンケア製品のCMに漂うぎこちない空気

HomareSawa.jpg
ピッチ上では“巧み”よ!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ピッチ上とのギャップは見もの?
 スキンケア製品のCMに澤穂希を起用という「ニッピコラーゲン」の不思議。確かに彼女はあっぱれな女性ではあるが。「ああいうお肌になりた~い」って対象ではないだろうに。あっぱれな雰囲気だけ拝借したイメージ起用という手もあるのに、CMでは、ぎこちない手つきでクリームをつける澤の姿が。あー、見るたびなぜかヒヤヒヤする。

 そういえば、国民栄誉賞の副賞でもらったあの化粧筆、なでしこのみんなは使ってるのかな。使ってないだろうな。使ってませんように。

◎謝罪も「メガ」路線で
 兵糧攻めに耐えられず、とうとう会見を開いた小林幸子。森進一の「おふくろさん」騒動の時もそうだったけど、こういう場合、先に動くのは必ず旗色の悪い方だよな。この一件は、相手が亡くなるという形で運よく解決を見たが、それは川内康範先生がご高齢だったがゆえ。今回はそうはいかんだろう。

 森進一は、先生の元へ「とらや」の高級羊羹持参で謝罪に行っていたが、幸子も「謝りたいけどなかなか会えない」なんて寝言を抜かしてないで、先方の事務所の前で「メガ羊羹」に扮して謝ってみちゃどうか。もう「笑い」に落とし込むくらいしか解決法はないんだし。

 幸子のいない紅白の方がうれしいのは確かだが、「メガ羊羹」に扮した幸子が、頭の上に元社長を乗せ、土下座しながら「絆坂」を熱唱、という画ヅラなら見ないでもない。ていうかそれならちょっと見たい。紅白出場が無理なら、大晦日、ダイバーシティのガンダムの横で、その「生メガ謝罪」中継してみたらどうだろうか。みんな結構そっちに流れると思うんだが。

◎“錦を織る”って名前なのに
 ウィンブルドンで勝ち進んでいる錦織圭。しかし、あのポロシャツの、ロゴ印刷しただけっていうデザインはいかがなものか。「性能はいいんだけど、ちょっとダサいのよねぇ」という、ユニクロの最大の弱点が、世界に向けてモロ出し状態。セール日の店員みたい。

 強いのに錦織が同世代にイマイチ人気がないのは、この「ユニフォームがダサい」という点が及ぼす影響が結構デカいと思うんだが。ロゴを目立たせることより「見た人が自分も着たくなるウエアかどうか」を考えてデザインしてほしいものである。メーカーにとっても錦織にとっても、ハレの日の一張羅なんだから。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに