[スター☆マル秘報告書]

いきすぎた親日家!? ティム・バートン監督とトミー・リー・ジョーンズ


もはや日本における外タレ感は皆無かと

――海外セレブの来日プロモーション。本国ではパパラッチに追われる彼らも、日本では束の間の自由を謳歌! しかしそれゆえ、日本滞在をお世話するスタッフたちの苦労は多いんだとか。セレブの素の姿を知る関係者から話を聞き出し、コッソリお伝えする「スター☆マル秘報告書」!

 『メン・イン・ブラック3』(以下、『MIB3』)のキャンペーンで来日したトミー・リー・ジョーンズ。『ダーク・シャドウ』のキャンペーンで来日したティム・バートン監督。それぞれ親日家で知られるセレブですが、日本のどんな所がお気に入りなんでしょうか?

 まずトミーは、『MIB3』のワールドツアーの最初から「日本以外の外国には行かない!」と宣言していたそうで、『MIB3』スタッフのご一行とは別に単独で来日。ハリウッドセレブに好きな日本食を聞くと、たいてい神戸ビーフ、お寿司、天ぷらというのが定番で、最近ではラーメンというスターも多いですが、トミーの場合は「鮎」。どうやら鮎の塩焼きがお気に入りだそうです。そして、好きな場所は京都。宣伝スタッフいわく、「桂川に行きたいなあ」と語っていたとか。渋いですね。トミーは京都の「俵屋」という高級旅館がお気に入り。ここはハリウッドセレブも宿泊する宿です。トム・クルーズ、スティーブン・スピルバーグ、古くはアルフレッド・ヒッチコックも宿泊しました。また歌舞伎や能も観劇するそうで、トミーは古典と和を愛する正統派の日本好き。「日本は第二の故郷」というトミーだからこそ、サントリー「BOSS」のCMも続いているのですね(なんと今年で6年目!)。

 ティム・バートン監督は、ジョニー・デップと同日に来日しましたが、単独取材は受けなかったジョニーのかわりに、彼の帰国後も精力的に取材を受けていました。「プロモーションにとても協力的でいつも助かります」とスタッフからの評判も上々。そんなバートン監督のお楽しみはオフにあり、今回の来日では丸1日お休みをもらったそうです。秋葉原で買い物したり、メイドカフェへ行ったり、中野ブロードウェイへ行ったり……。目撃者がTwitterで情報を拡散していましたね。友達がやっている六本木のバーのパーティに出席するなど、大いに東京を楽しんだ様子。

 サブカル系のポイントを抑えた遊び方は、ティムのイメージ通り。ちなみにスタッフは、米国で監督の取材をした記者から「バートン監督が、『ダーク・シャドウ』の宣伝で日本に行くと言っていましたよ」と聞き「え、まだ呼んでないのに?」とビックリしたそうです。呼ぶ前から、日本に来る気マンマンなんて、これぞ親日家でしょう!

 日本が好きなのは同じでも、見えてる世界はまったく違うトミー・リー・ジョーンズとティム・バートン。彼らは同時期に来日しても、絶対にニアミスしそうにありませんね。

斎藤 香(さいとう・かおり)
映画好きが高じて、映画誌編集者を経てフリーランスライターに。ハリウッドセレブや韓流スターの来日現場でマル秘ネタを連日情報収集。

俵屋ググったやつ、プチョヘンザッ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー