薬物中毒も末期!?

『ターミネーター』の因縁!? ニック・スタールが再び行方不明で、妻はあきらめ気味

NickStahl.jpg
毎回探してくれると思うなよ!

 世界的ヒット映画『ターミネーター3』のジョン・コナー役で知られるニック・スタールが、先月に引き続き、また行方不明になっていると報じられた。薬物依存症に苦しむ彼は、自ら進んで入所したリハビリ施設から医師の反対を押し切り強引に出所してしまったのだという。疲れきってしまった妻は「もう捜さない」と宣言したが、オーバードーズ(OD)や自殺の可能性もあるため、友人たちは懸命の捜索を続けている。

 5月14日、ニックと別居している妻のローズが、「9日以降、誰も夫を見ていない」と、警察に捜査願いを提出。ロサンゼルスのダウンタウンにあるスラム街に入り浸っているという証言もあり、命に関わることから警察を巻き込んでの捜索が開始された。何も手がかりがつかめぬまま時間は過ぎていったが、19日にリハビリ施設に入所したとの連絡を妻が受けて一件落着。友人たちにも、「リハビリで薬物を断ち切る決心をした」というメールを送っており、再び妻子と暮らすために頑張るものと見られていた。

 しかし、米芸能ゴシップサイト「TMZ」によると、ニックは、医師の反対を押し切りリハビリ施設から勝手に出所し、再び行方をくらませてしまったとのこと。ローズは「家がどこなのか、彼はわかっているし」と愛想をつかしたように述べ、今回は警察に捜索願を出さないことを明かした。芸能サイト「E!」は、ニックは出所直後、友人の家に身を寄せていたが、14日の夜に出て行ってしまい、行方がわからなくなっていると報道。友人の「ニックは消えてしまったんだ。どこを探してもいない。誰にも連絡をよこさず、完全に行方不明になってしまった。みんなで必死に彼を探しているんだ」「最悪の状況だと思う。これだけ必死に探しているのに、何の手がかりもつかめないのだから」という言葉を紹介した。

 ニックとローズは、今年1月から別居生活を送っており、2月に、ローズはニックからの養育費に関する嘆願書を裁判所へ提出。そこには、ローズが娘と100%一緒に過ごし、ニックが娘に会えるのは週に8時間だけだと記されていた。また、ニックは娘と会う前の24時間以内に薬物検査を受けること、検査にパスしても監督付きの親子面会のみを認めるという厳しい条件がつけられており、この時点で、ニックの薬物依存は相当重症化していたようである。

 4歳から子役として活動してきたニックは、12歳でメル・ギブソン主演『顔のない天使』でブレイク。その後も着実にキャリアを積み重ね、24歳の時に出演した『ターミネーター3』で世界的スターとなった。役者として順調に出世してきたように見える彼だが、過去に受けたインタビューで、子役時代は苦しく嫌な思いをたくさんしてきたと告白。「大人の世界で働いているけれど、小さい子どもだから、その世界に溶け込んでいるわけではない。家に帰って同世代の友達と遊んでも、仕事で一緒にいないことが多いから、子どもの世界にも溶け込めない」「自分のアイデンティティーを見失ってしまうんだ。誰からも忘れられた存在になってしまうんだ」と述べており、アルコールや薬物に逃げた要因は、子役時代に味わったアイデンティティー・クライシスであることを示唆した。

 ニックは、「この業界では上辺だけで成り立っている部分もあるよね。どんなに苦しくても、にこにこ顔でいるような」とも発言。それを裏づけるように、彼と仕事をしたプロデューサーや監督たちは、「ニックは何の問題もないように見えた」「とても仕事しやすいプロの役者だった」と、メディアにコメントを寄せている。

 実は、『ターミネーター』シリーズでジョン・コナーを演じた役者たちは、その後、全員トラブルに見舞われている。『ターミネーター2』で少年時代のジョンを演じた美少年エドワード・ファーロングは、イケメンに成長し、パリス・ヒルトンと交際していた時期もあったが、薬物・アルコール依存で失態を繰り返し、仕事は激減。今ではたっぷりとデブってしまい、役者としての素質はあるものの、薬物が断ち切れずジャンキーな人生を送っている。

 『ターミネーター4』でジョンを演じたクリスチャン・ベールは、映画が公開される直前に、監督を口汚く罵倒するテープが流出。クリスチャンは、撮影中に監督がセットの中にいて気が散ってしまい、カッとなったのだと釈明し、謝罪声明も出したが、イメージダウンしてしまった。

 薬物依存のリハビリ治療を受けた後のリバウンドは、量をコントロールできず、命を落とすことが多い。4月27日にTwitterで「妻とは別れていない」と主張し、家族として、もう一度やり直したい気持ちが強かったと見受けられるニックの安否が心配される。

『3』ってどんなだっけ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー