肩書きにこだわるブランド女!

「なぜ改名しない?」羽鳥慎一の元妻、紗栄子以上の大物だった!?

hatori01.jpg
『ヒーロー/明日へ』/ドリーミュージ
ック

 ママタレが席巻する芸能界に、またも新キャラが参入!? 5月2日に離婚届を提出し、翌朝には自身が司会を務める『情報満載ライブショー モーニングバード!』(テレビ朝日系)で16年連れ添った妻との結婚生活にピリオドを打ったことを報告した羽鳥慎一。2人には現在中学3年生の長女がいるが、親権は元夫人・冬子さんが持つと発表されている。

 冬子さんは15歳の時、旧姓の栗原冬子名義で芸能界入りし、CMやクイズ番組などで活躍。CDデビューも果たしている。羽鳥とは就職活動中のアナウンサー試験で出会い、冬子さんは航空会社に客室乗務員として就職したが、その後羽鳥が日本テレビ入社2年目の1996年に結婚。現在、冬子さんはアロマテラピーなどの講演を行う「ライフスタイルコーディネーター」として活動中で、離婚は互いに多忙になったことによるすれ違いが原因としている。

「冬子さんは離婚後も羽鳥姓を使い続けているとして、一部で『旧姓には戻さないのか』と言われていました。一説には『子どもが混乱してしまわないため』ともいわれていますが、真相は不明です。しかし冬子さんからすれば、『羽鳥の元妻』という肩書はインパクトがあるので、今後仕事の幅を広げるにはよいでしょう」(週刊誌記者)

 冬子さんはこれまで「ぱとりん」というニックネームでブログをつづっていたが、離婚後の5月22日付の更新で会社を立ち上げたことを報告。そして6月からは新たなブログが完成し、ヘッダーには「ライフスタイルコーディネーター 羽鳥冬子 オフィシャルブログ」と記されている。

「離婚に関して羽鳥は『自身が仕事に打ち込みすぎて、家庭の優先順位が下がってしまった』と自らに原因があったことを明かしています。しかし子どもが高校受験を控える大切な時期に、あまりにも突然の離婚発表だったため、『原因は羽鳥の浮気か』とも言われていました。しかし複数週刊誌の徹底的な取材の結果、羽鳥の私生活はあまりにも質素で、それもなさそうだという結論になりました」(芸能ライター)

 方や連日更新されている冬子さんのブログを見ると、講演会やアロマ教室の授業など、積極的に仕事をこなしているようだ。

「離婚後はアロマ関連の出版や、番組出演のオファーも舞い込んできたようで、メディア露出にも前向きなことから今後は再びタレント化していく可能性も。しかしあの紗栄子でさえ、離婚後は芸名から夫の姓『ダルビッシュ』を外したというのに、冬子さんの野心は相当のものなのかも」(前出記者)

 有名すぎる元夫を武器に、ママタレ冬子さんの快進撃が繰り広げられる日も近いかもしれない。

住谷杏奈ポジションどまりだな

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「なぜ改名しない?」羽鳥慎一の元妻、紗栄子以上の大物だった!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 羽鳥慎一芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!