[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・錦戸亮の特製『パパドル!』Tシャツ、目立ちすぎて視聴率アップ?

nishikidoryo01.jpg
近頃は行いがめっきりクリーンな錦戸
さん

 現在、放映中の関ジャニ∞錦戸亮主演ドラマ『パパドル!』(TBS系)。1987年に中山美穂主演で放送された『ママはアイドル!』を原案にしたリメイク作で、アイドルの関ジャニ∞・錦戸亮が、コンビニで出会ったバツイチ3人の子持ちの一般人(優香)と極秘結婚し、その裏で起こる子どもたちとのバトルやドタバタ劇を描いた作品だ。

『ひるおび!』『ひみつの嵐ちゃん!』『はなまるマーケット』などTBSで放映中のバラエティやドラマとコラボレーションしたり、嵐の櫻井翔、大野智、関ジャニ∞メンバーらジャニタレが本人役で登場するなど、現実とドラマの境界線が行ったり来たりする設定、アイドルのリアルな心理や現場の裏側が垣間見えるところも視聴者にとってはたまらない要素のひとつ。さらに踏み込んだマニアなら、TOKIO・城島茂が元アイドルの居酒屋店主役……というのも、しびれる設定ではないだろうか。

 物語も第7話の放送を終えラストに向けて佳境に入っているが、そんな中、共演者のひとりである俳優の鈴木亮平が「座長」錦戸亮が出演者&スタッフ全員に贈ったという、オリジナルの“スタッフTシャツ”をブログで公開してくれた。

 背中には「No matter what, I will always be me(何があっても、俺は俺で居続ける)」との言葉がプリントされているこのTシャツ。表側にはなんと! 「撮り下ろしの、錦戸くんの写真がプリント」されているというファン垂涎の品だ。街を着て歩けばかなり目立ちそう……なのだが、鈴木曰く「素材がテロテロしてて、着心地がめっちゃいい」とのことで、第7話の放送日だった6月7日には、これを着用してジムへと出かけ、近所にドラマのPRをして歩いたという。

 ちなみに、スタッフTシャツをプライベートでも「ガシガシ着るタイプ」だという鈴木。以前もブログで公開してくれた、関ジャニ∞・大倉忠義制作の『生まれる』のパーカーも「いまだに着てますからねー」「だって、もったいないやん(笑)?」とのことで、ここまで大切にしてくれれば作った側も本望に違いない。

 ちなみに第7話の平均視聴率は、6話の7.6%から0.5%アップの8.1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録。「視聴率が急にどかんと上がったら、たぶん俺のTシャツ作戦の影響ですね。」と冗談混じりに綴っていた鈴木だが、本当に効果があったの……かも。28日放映の最終話に向けて、他の共演者&スタッフもこの「Tシャツ作戦」実行してみてはいかが?

『愛でした。【イベント応募券付き】』

城島がバーター出演でお世話になっております

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「じっとモニターを見つめてた」新生NEWSのお披露目で錦戸亮が見つめた先
前代未聞!? 錦戸亮、沖縄でのプライベート旅行で写真撮影を快諾!
「あっち行けよブス!」ファンに暴言を吐く、NEWS・錦戸亮の夜遊び事情
錦戸亮の自宅はリビング20畳! 関ジャニ∞の自宅は個性的!?
またやっちゃった赤西仁、錦戸亮とヒミツの韓国旅行写真流出!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー