[女性誌速攻レビュー]「nina's」7月号

悩みナシ、思想ナシ、ただおしゃれ! 「nina’s」を体現する女・松嶋尚美

ninas1207.jpg
「nina’s」(祥伝社)2012年7月号

 何かと不安になりがちな子育て中のママたちに、それぞれ独自の“思想”と“教義”を与えるのが育児雑誌。「たまごクラブ」(ベネッセコーポレーション)は毎号膨大なデータを武器に叩き出した平均値で教本的な役割を、「ILOVEmama」(インフォレスト)はギャルママの生活に特化した会報誌的な役割を果たしています。「nina’s」のレビューを始めて今回で4号目ですが、筆者の目が節穴なのでしょうか……今のところこの雑誌を読み解くキーワードが「おしゃれ」しか見当たりません。その「おしゃれ」を探ろうとするも、例えば登場するママタレたちもカヒミ・カリィ、豊田エリー、乙葉、東原亜希とてんでバラバラ。イマイチその実態をつかめません。そこへやって来たのが今号の表紙であるオセロ・松嶋尚美。「おしゃれに年齢なんて関係あらへん!」とばかりの金髪パッツン前髪にどピンクの口紅。あぁこの人選、何かを予感させますね。

<トピックス>
◎おしゃれママのカバンの中身がしりたい!
◎子どもがよろこぶお部屋づくり
◎旅かばん、何入れる?

■無印良品とかユニクロって知ってる?

 今号の特集は「大公開! ママBAG&その中身」。前半は「憧れママの持ち物検査」と題して、ママタレたちのこだわりマザーズバッグを、後半の「おしゃれママのカバンの中身がしりたい!!」では、プレス、デザイナー、ショップオーナーなど「nina’s」お約束のクリエイティブママたちのお出かけ七つ道具を一挙公開。

 まずは見開きを使って松嶋のバッグ紹介。「仕事場に行くときはキャスとKatieの2コ持ち!」と出てきたのは、エスパー伊東が入れそうなどデカいバッグ。「私A型なんで、きっちりポーチとかジップロックに小分けしてしまうタイプなんです。キモいやろ!?(笑)」って、別にキモくはありませんが、気になったのは小物のラインナップ。基本的にポーチや巾着類はキャスかKatieで統一、哺乳瓶はX-girl StagesでBettaとのコラボ、お湯を入れたボトルケースはAPE、2セット持ち歩く着替えはCandy Stripperの特注品。『おぼっちゃまくん』は“歩く身代金”ですが、この人は“歩く裏原宿”。

 一方では肌に触るものは、ラグジュアリー攻め。高級マットレス「エアウィーヴ」をお昼寝用に、ハリウッドセレブ御用達「カシウエア」のおくるみ、代官山の「エアバギー」で買ったというドーナツ枕、極めつけはプラズマクラスターですよ。そんなもん持ち歩いてるママ、初めて見ました。

「仕事のときは現場に連れて行くことが多いけど、ダンナが見てくれるときは預けてる。最初はすごく心配で、どんなにやる気があっても男の人やし無理やろうな…っておもってたのに、私より扱いうまい!」
「ダンナや周りの協力のおかげと、ジュマル(※息子の名前)が育てやすいコなのもあって、“子育て大変”って思ったことが一回もないねん。夜泣きしないのも大きいと思う」
「(外出時のファッションは)テーマオソロが楽しくて、“時計じかけのオレンジ”オソロとか、ニルヴァーナのTシャツをジュマルに着せて、私はコートニー・ラブ風とかね」

 インタビューではこの通り、すべて順調万事オッケー、子育てを存分に楽しまれているようです。よく考えたら、ダンナのポジションは微妙だし、どう見積もっても妻の稼ぎで家計まわしてるっぽいし、いわゆる「ダンナの稼ぎでのほほんセレブママ」ではないのですが、40でもそこそこの美貌を保ちながら好きなブランドを身に着け、天然キャラも周知して、人生の風通しが良さそうなんですよ。「私らしく親子ライフ」がテーマの「nina’s」にとっては、まさに“満を持して”の登場だと思われます。同じ“永遠のおしゃれ少女”でも千秋には強い育児哲学のような部分を感じてしまうけど、この人にはその手の頑なさが一切ないから気楽。おしゃれママたちがより消費しやすい対象とも言えます。

 しかし、松嶋が誇らしげにブランドグッズを並べ、悩み無き子育てを語っているのを見て、なんとなく相方・中島知子の気持ちが分かったような気がしたのです。自分も幸せの土俵に乗ってない限り、松嶋尚美の天真爛漫さは鬼門です。独身女性が読んで一番イラつくのは、もしかしたら「たまひよ」でも「ラブママ」でもなく、この「nina’s」かもしれませんね。

■旅先で花を生けるの?

 続きまして「旅かばん、何入れる?」を見てみましょう。5人の旅上手なママ(もちろん職業はクリエイティブ!)による旅行カバンとその中身を紹介するこの企画。子連れならではの注意点や持ち物のこだわりなど、細かくリサーチしています。「14日間、スペインへの旅かばん」「2泊3日、沖縄への旅かばん」と続き、「1泊2日、水戸美術館への旅かばん」? “茨城への旅かばん”としないのは、「nina’s」のおしゃれ琴線に茨城が引っかからないから?

 モデルの米田有希さんのスペイン家族旅行はお洋服がメイン。「もし日本にお気に入りの服を置いてきて家が火事になったら嫌だ!と思ったりして(笑)、お気に入りの服は絶対持っていきます」という徹底ぶり。さらにジョンマスターオーガニックのシャンプーを持参し、D-BROSのビニール製フラワーベースも用意。「子どもがいるとホテルにいる時間も長くなるから、花を買い持参した花瓶にいけたりして、居心地よくしています」とのこと。話のすべてが筆者には思いもよらない発想!

 ロゴナのUVローションやパーフェクトポーションの虫除け、エルバビーバのベビークリームなど、近所のドラッグストアではついぞお見かけしたことのないケア用品を準備し、RICOH「GR」やSONY「NEX-5」など玄人チックなカメラをぶら下げて、「旅も暮らすようにリラックスして過ごしたい」とうっとり語るクリママたち。そんな中、ただ一人旅行かばんに『ガラスの仮面』をしのばせていた五月女ケイ子氏に、異国の地でどん兵衛に出会ったようなシンパシーを感じました。それにしてもみなさん荷物多すぎ。旅先でも気合入りすぎ。普段はおしゃれに気を使うご職業ゆえ、旅という非日常くらいいい加減に過ごされてもいいのでは……と思うのですが、そんなことはおしゃれ魂が許さないのでしょう。

 前号レビューのラストで「実際はこんなおしゃれママもおしゃれライフもガワだけなのに、『nina’s』には『私もこんな風になれるかも』と勘違いさせる罪な近さがある」といった見解を書きました。今回、松嶋を登場させたことで、より一層その無責任さが大きくなった気がします。40女の「♪だってカートみたいだから~アタシはコートニーじゃない?」ごっこを、「おしゃれ~」と賛美する無責任さ。「nina’s」のおしゃれには“思想”がなく、だからこそ気楽でフレキシブル。要はおしゃれっぽくあれば何でもいいのです。思想なしという共通点のある「nina’s」と松嶋尚美の蜜月はしばらく続くものと予想されます。
(西澤千央)

「nina’s」

「おしゃれ」って女性誌で最も効く目くらましだからさ~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
おしゃれイクメンはママが育てる、「nina’s」のパパ懐柔術は計算高い!
“育児をクリエイト”したがるパパだらけ! 「nina’s」から漂う新たな臭み
「うちらの趣味を押し付けていこうかな」、オシャレ子育て誌「nina’s」のポップな自我
真面目・無難も行き過ぎた!? 読者の子育て相談に「ひよこクラブ」が迷回答
夫も「I LOVE mama」ワールドの住人! イクメンたちの家訓が意味不明

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

悩みナシ、思想ナシ、ただおしゃれ! 「nina’s」を体現する女・松嶋尚美のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! nina's女性誌速攻レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!