[連載]まんが難民に捧ぐ、「女子まんが学入門」第25回

『最果てアーケード』が描き出す、絶望でも無でもない「死」そして「幸せ」

saihate.jpg
『最果てアーケード』(講談社)

――幼いころに夢中になって読んでいた少女まんが。一時期離れてしまったがゆえに、今さら読むべき作品すら分からないまんが難民たちに、女子まんが研究家・小田真琴が”正しき女子まんが道”を指南します!

<今回紹介する女子まんが>
小川洋子・有永イネ
『最果てアーケード』全2巻
講談社 各620円

「人間 生きてる人より 死んでる人のほうが多いんですから 死者の持ち物がたくさんあるのも 別におかしくないんじゃありません?」

 全編に渡って「死」の気配が色濃い、有永イネ先生の初単行本『最果てアーケード』。それはこの物語が、街を襲った未曾有の大災害「大火事」の後の世界を主に描いたものであるからです。もちろん、それをわたしたちは東日本大震災のメタファーとして読むこともできるでしょう。主人公の少女「大家さん(わたし)」は、大火事によって父を亡くしました。

 ところが本作が決して陰鬱になることがないのは、そこはかとなく漂うユーモアのセンスゆえです。レース屋、義眼屋、輪っか屋……「わたし」が管理するこの「アーケード」には少々奇妙な店々が並びます。ヨーロッパのどこかの国ようでありながらどこの国にも似ていない、その掴みどころのない空間感覚は原作者・小川洋子先生の真骨頂でありましょう。「外」のようで「内」のようでもあり、「始まり」のようで「終わり」のようでもある、両義的な空間としての「アーケード」。今はもういない百科事典好きの少女「Rちゃん」はこう言います。

 「お父さん なぞなぞだよ この世界で一番多いものってなーんだ」「いい? この世界では『し』で始まる物事が一番多いの」「『し』が世界の多くの部分を背負っている これは世界のヒミツなんだよ」「ねえ 『しあわせ』は何から始まるか お父さん知ってる…?」

 百科事典では「む」から「ん」までの13文字もがたった1冊に押し込められているというのに、「し」だけが特権的にまるまる1冊をあてがわれている不条理。そして「幸せ」も「死」もそこには同じく書き記されている偶然。その美しさ。

 すぐれたクリエーターほど矛盾や不条理、両義性、曖昧さを肯定し、向き合います。それこそが世界の豊かさであるからです(軽蔑すべきは安易な定義付けと価値判断です)。小川&有永ペアはこの条件に合致します。

 すでに文学において定評のある小川先生だけでなく、有永先生もまたすぐれたマンガ家であることは初短篇集『さらば、やさしいゆうづる』(講談社)を併読すれば即座にご諒解いただけることでしょう。『はたらくおばけ』という作品で「幽霊などいない 人間は死んだら無になる」という大学教授に「株式会社はたらくおばけ」の社長はこう言い返します。

「私の母も父の葬式で『人は死ねば無になる』と言いました」「葬儀会場にまだ父がいるのにです」「死んだ人が無になったんじゃない 人に死なれたあなたが無になったんでしょう」「あなたはただ自分の無力感を認めたくないだけだ」「私は幽霊がいるいないに興味はありません」「ただいてほしいかいてほしくないか そういう話がしたい」

 有永先生は「死」にまとわりつく絶望のにおいを振り払います。

「…ナオくん マキにはなして?」「話しても仕方ない 話したところで誰か生き返るかよ そんな仕方ない話誰が聞きたいんだよ」「ちがう しかたなくなんかない ナオくん」

 表題作では友人を亡くした少年と、7つ年下の少女がこう語り合います。

「死に慣れるなんて ありはしねンだ 何年たっても…きっと自分が死んじまったとしても」「でも それでいい」

 『最果てアーケード』の心優しい「レース屋さん」はそう言います。

 2巻の後半、主人公に関するとある重要な真実が明らかにされ、周到に張り巡らされた伏線が次々と回収されて行きます。本書に横溢する飽くなき対話と、モノに宿る美しい記憶たち。わたしたちはそこにきっと永遠を垣間見ることでしょう。上半期の私的ベストです。

小田真琴(おだ・まこと)
1977年生まれ。少女マンガ(特に『ガラスの仮面』)をこよなく愛する32歳。自宅の6畳間にはIKEAで購入した本棚14棹が所狭しと並び、その8割が少女マンガで埋め尽くされている(しかも作家名50音順に並べられている)。もっとも敬愛するマンガ家はくらもちふさこ先生。

『最果てアーケード(1)』

「む」から「ん」までの少なさたるや

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
女子におけるファッションとは? 快楽と義務を描く『神は細部に宿るのよ』
ラブコメの名手が描く、男女のズレと人間賛歌! 「うどんの女」の妙味
憎悪、孤独、絡みあう感情から生み出る『昭和元禄落語心中』の中毒性
原発へのスタンスを問いかける、古典的名作『月の子』を改めて読む
リアリティーを捨て感情を獲得した、『ちくたくぼんぼん』のファンタジー性

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー