可愛いだけでは生き残れない

“赤信号”演技の佐々木希、女優メインの新戦略は吉と出るか凶と出るか?

sasakinozomi.jpg
『佐々木希 Aoko Style Book』(宝島社)

 『笑っていいとも!』(フジテレビ系)、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)と、相次いで人気バラエティを降板した佐々木希だが、やはり窮地に陥ってしまったようだ。事務所の方針もあって、女優業をメインに据えたい佐々木だが、肝心の演技について不評の声が飛び交っている。

 佐々木のドラマ出演といえば、昨年11月に放送されたドラマ『火車』(テレビ朝日系)が話題に。佐々木はヒロイン役にもかかわらず、なんとセリフが1つもなかったのだ。さらに、今年1月の同局連ドラ『聖なる怪物たち』に関しては“遺影のみ登場”で、回想シーンすらないという異例の出演だった。

「出演こそ続いたものの、やはり佐々木の演技について“赤信号”ということが暗黙の了解になっています。漢字が読めないことから台本もなかなか覚えないし、肝心のセリフは棒読み。先日までフジテレビTWOで放送されたドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』でも主演を務めていたものの、演技に関してはまったく改善されていませんでした」(芸能ライター)

 CMこそ現在まで好調が続いているが、バラエティ出演が削られていっただけで、女優シフトは完全に裏目に出てしまったということになる。しかし芸能界の常識からすれば、所属事務所の佐々木の売り方は当然の流れだという声も。

「やはり継続してバラエティに出ると、どうしてもタレント価値が下がってしまう。演技が下手で、視聴率につながらなくても、バラエティを削って俳優・女優業を中心にしたいという気持ちは、同業者なら痛いほどわかりますよ。収入に関していえば、結局はCM契約が大半を占めるわけですから、『演技がヒドい』なんて叩かれたとしても、バラエティの言動で妙なケチをつけるよりは全然マシなんです」(芸能プロ幹部)

  とはいえ、こうしたプロモーションも、人気に陰りが出てしまってからでは後の祭りだろう。前出幹部も「佐々木は、ここ1年が勝負でしょう。まったく見なくなってしまうか、演技とトークを両立できるタレントとして生き残るか」と評する。正念場となった佐々木は、芸能界でどんな生き様を見せてくれるのだろうか。

『佐々木希 Aoko Style Book』

「可愛いだけですけど、なにか?」

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「バラエティー出演は必要ない」と強気の事務所、佐々木希の針路は女優?
二宮和也&佐々木希は交際継続中!? 嵐だけに認められている“特例”とは
「お人形みたい」人気モデル佐々木希に、高まる不満の声
元ヤンたちの最後の饗宴! ついに休刊「PINKY」最終号は?
佐々木希主演映画『天使の恋』で泣くためのポイントを考えてみた

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー