他人にはあんなに強気だったのに!

マスコミ追及をおそれて? 高岡蒼佑のイケイケTwitterがあっけなく閉鎖

sosuketakaoka.jpg
『はじめまして、こんにちは。』(SDP)

 衝撃のカップルが誕生か――。1日発売の「フライデー」(講談社)巻頭記事で「鈴木亜美 高岡蒼佑と衝撃の連泊愛」と報じられている。高岡といえば宮崎あおいとの離婚後、Twitter上で度々暴走して世間を騒がせていたものだが、すでに気持ちは次のステップへと向かっていたのだろうか。

 記事では2人のツーショットが数点と、高岡が愛車で鈴木を仕事先に送る様子などが掲載されている。鈴木が再び合流した後は、高岡の新居とみられるマンションに連れ添って帰宅するのだという。近年はDJ活動に勤しむ鈴木を、高岡は2日続けてクラブへ送り迎えした上、そのまま2人で自宅へ帰っていったそうだ。

 高岡は昨年末に宮崎との離婚を発表。その前後に宮崎とV6・岡田准一の不倫疑惑など物騒な報道が相次いたが、高岡当人に関してはTwitterでの発言意外に目立った動きが報じられることはなかった。一方、鈴木も昨年11月に一般人との熱愛が同誌によって報じられていたが、その後交際相手がバツイチ子持ちであることが発覚し、破局してしまったという。共にフリーであることからか、双方の事務所も「プライベートに関しては本人に任せてあります」と容認的なコメントをしている。

「高岡は宮崎との離婚が成立後、フジテレビの韓流偏重を批判した影響などで中断していた自身のTwitterを復活させています。『自分は自分に正直でいたい』というつぶやきで再開した新Twitterでは、岡田准一の実名を上げて批判したり、宮崎についても岡田以外の不倫相手がいたことを匂わせたりと、まさに何でもアリでした。定期的に爆弾が投下されることから一部で注目されていたアカウントでしたが、先月末に突如として削除されていたことが判明しています」(芸能ライター)

 岡田のほかにも宮崎には男がいたことを匂わせるツイートをした爆弾アカウントだが、「フライデーの取材を受けて、アカウントを慌てて削除した可能性もありますね。鈴木のツイートも29日以降ストップしています」(同)ということで、突然の休止理由はまたもマスコミにネタにされることを嫌ってのようだ。

 また5月に入ってからは、高岡のTwitter上では交際相手とのデートを示唆するようなツイートも散見されていたことも判明。アカウントはすでに削除されているものの、鈴木と同じ単語をツイートしていたり、同じ場所にいることが確認できていた。

「韓流とフジテレビ批判で最初にTwitterが炎上した際、高岡は“芸能界の重鎮”とされる人物に呼び出され、土下座謝罪まで行ったそうです。しかし喉元すぎればということなのか、離婚後はあっさりとTwitterを復活してやりたい放題。今回の件でも、ほとぼりが覚めれば普通に復活するでしょうね」(週刊誌記者)

 交際開始時期やきっかけなどは不明だが、ともに事務所トラブルを発端に、芸能界から干された経験もある2人だけに通じる部分があったかもしれない。山本太郎のようにTwitterでの結婚発表までたどり着くこともなきにしもあらずか。

『クローズZERO2 OFFICIAL PHOTO BOOK』

残念すぎる男

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「格差とか感じたこともない」高岡蒼佑、Twitterで宮崎あおいを痛烈批判
もはや逆張り芸!? 高岡蒼佑、二股・塩谷瞬に「ちょっと好きになったよ」
岡田准一との不倫疑惑の影響は? 業界関係者が宮崎あおいを見る視線
「せめて良いホテルに行って」滝沢秀明のラブホ密会報道にファンが嘆きの声
「こうなる前に切りたかった」globeのマーク・パンサーの話が出ないワケ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!