投票権だけ販売すりゃいいじゃんか

組織票を誘導か? AKB48・小嶋陽菜、強気発言の裏にちらつく思惑

kojimaharuna.jpg
いつかTwitter誤爆しそうで危ういわ

 来月6日に開催される『第4回AKB選抜総選挙』に向けて、先日ランキングの速報が発表された。前回1位の前田敦子が辞退したため混戦が予想されていたが、前回2位・3位だった大島優子と柏木由紀が繰り上がってワンツートップ、3位には前回5位の渡辺麻友と順当な結果だった。

 AKB48の総選挙は、次期発売のCDに参加するメンバーを選抜するものだが、周知の通り“人気の格付け”という意味合いの方が大きくなっている。そして今回発表されたランクについて、かつてないほど焦りを感じるメンバーがいるという。

「速報発表では11位だった小嶋陽菜ですよ。本人や所属事務所だけでなく、運営サイドである電通のAKBチームまで『小嶋のランクを、これ以上下げさせないように』と息巻いているんです」(芸能プロ関係者)

 今回の総選挙では、優先的にメディアに登場できる12位までのメディア選抜が廃止された。しかし、これまでAKB48の顔として活躍してきたメンバーは大半が12位以内の選抜組。前回は6位だった小嶋がこれを割ってしまうことは、人気の凋落と印象づけられてしまうだろう。

「電通としては、前田敦子の抜けた穴は小嶋に埋めてほしいというのが本心のようです。所属事務所社長が音事協のトップというバックボーンもあるし、ルックスやキャラも含めて単体でCMが取りやすい小嶋だけに、10年後20年後も見据えての期待なんでしょう。とはいえ大島や柏木の人気にはかなわないため、せめて1ケタ台はキープさせたいというのが本音だと思います」(同)

 速報発表の直後、小嶋はTwitterで「どうしよう。。。毎年毎年心配かけて本当にごめんなさい!」とつぶやき、心配したファンに激励されると、「このままは嫌だな」とさらなる票獲得に意欲を燃やした。さらにネット上では、小嶋の母親が地元・浦和の飲食店で宣伝活動を行っているということも話題に。

「AKBの選挙はひとりのメンバーに複数票を投じることができるシステムのため、こうしたメンバーの一挙手一投足によって投票数がガラリと変わることも十分考えられる。『もっと私に投票して!』と言わんばかりのツイートによって、今後票数がどう動くのか。関係者の間では『こじはるに組織票を入れやすくしたのかもね』なんてウワサも出ているくらいですよ」(同)

 毎年選挙期間中は“事務所票”の存在が囁かれているが、現在は“電通票”という言葉まで存在するのだとか。果たして小嶋は11位をキープするのか、それとも……? 結果が気になるところだ。

『真夏のSounds good !【多売特典生写真付き】(Type A)』

3曲目のタイトル「ちょうだい、ダーリン! 」!!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「利権代と利益が割りに合わない」! 吉本がNMB48の買い手を募集中?
高橋みなみ母の逮捕で露呈した、AKB48とマスコミのお付き合い事情
AKB48渡辺麻友の意外な行動にスタッフが「一番プライドを傷つけられた」
自転車よりも”ももクロ”に夢中!? 鶴見辰吾が「ファンになります!」宣言
三根梓はデビューと同時に人気確定!? 芸能プロの「ゴリ押し」の実情 

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

組織票を誘導か? AKB48・小嶋陽菜、強気発言の裏にちらつく思惑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AKB48小嶋陽菜芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!