[TVツッコミ道場]

文学的セリフ&大げさな演技、『Wの悲劇』は昼ドラ枠で見たかった!

wnohigeki.jpg
『Wの悲劇』公式HPより

 今回ツッコませていただくのは、テレビ朝日系で放送中のドラマ『Wの悲劇』。

 主演が武井咲で、同事務所の福田沙紀、同じく今売出し中の剛力彩芽が出演することによって、放送前から「Wゴリ押しの悲劇」とか「ゴリ押しが、ゴリ押しを苛めるドラマ」などの声がネット上に続出していた。

 だが、実際に見てみると……意外にも、不覚にも、ちょっと楽しんでしまっている自分がいる。

 武井咲の特徴的な声は、やっぱりちょっとへたくそに聞こえてしまう。ドラマ『トリック』(テレビ朝日系)などでコミカルな役がおなじみになってしまった野際陽子の、久しぶりにふざけていない大袈裟演技もちょっと面白い。ベテラン・津川雅彦のコロンボのような、古畑任三郎のような妙な演技も、テレビ的なこってり感があって面白い。若村麻由美の劇画的な顔も気になる。

 古臭い文学的香り漂うセリフや、大仰な言い回しも刺激的だ。また、毎回何度も繰り返され、語気を強めて強調されるいくつかのカタカナ言葉「バタークッキー」「グラタン」「ポーカー」などなど……。何かしら時代や文化の香りを漂わせたいのかもしれないが、こうしたカタカナ言葉が何人もの出演者の口から連発されるたび、吹き出しそうになる。

 大袈裟なBGMも、平井堅のこってりしたエンディング曲も、東海テレビの昼ドラ的で楽しいのに……。

 このドラマの最大の不幸は、昼でなく、夜に放送されているということだと思う。

 これが例えば昼ドラであれば、豪華な出演者たちは大きなウリになるだろう。「ゴリ押し」とよく言われるオスカー3人娘も、昼ドラで地道に修行を積む感じが、好感度につながると思う。さらに、まったく知らない状態でこのドラマで武井咲を初めて知ったとしたら、「この整った顔の子はなんていう子だろう」と気になったかもしれない。

 何より、この手のドロドロドラマは、夜よりも、やっぱり昼に似合うと思う。家の中に家族がいなくなって、たった1人になった時間に、主婦やニートがニヤニヤしながらコッソリひそかに楽しむというスタイルがピッタリだと思うのだ。

 夜に見る時には、こんなドラマを楽しんでいる様を家族に知られたくない……なんて見栄も少々ある。楽しんでいることは、あくまでナイショなのだ。

 そんなわけで、夜ではなく、録画しておいた同ドラマを昼下がりに見ている。悲しいほど違和感がない。枠さえ間違えなければ楽しいドラマになっただろうに、つくづく残念だ。
(田幸和歌子)

『昭和の名作ライブラリー 第3集 華の嵐 DVD-BOX 第1章 デジタルリマスター版 』

早く、一刻も早く高木美保&渡辺裕之を投入してェェ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
『家なき子』的昼ドラ出演で浮上した、”永遠の安達祐実”問題
上戸彩バーターから剛力のバーターへ……福田沙紀の寂しい現状
昼ドラ『さくら心中』の徳山秀典が明かす、深すぎる愛ゆえの奇行!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー