だから直接聞いてみた!

祝・結婚の収納王子コジマジックに流れた不名誉な報道!

kojimajik.jpg
『収納王子コジマジックの魔法のかた
づけ術』(アスペクト)

 お笑いコンビ「オーケイ」のツッコミ担当で、整理収納アドバイザー1級のスキルを生かし、番組出演や講演会などで現在ブレーク中の小島弘章。「収納王子コジマジック」の愛称でも知られ、先日は今年2月には13歳年下の一般女性と入籍していたことが明らかになった。

 小島は現在『ノンストップ!』(フジテレビ系)木曜日の「コジマジックの突撃隣の収納」や「いいものプレミアム」のコーナーに出演中。100円グッズなどお金をかけない収納術を提案し、主婦層を中心に人気を集めている。

 しかしそんな“コジマジック”だが、一部スポーツ紙によって不名誉な報道が行われてしまったのだ。

「結婚の報告会見が行われた翌朝、日刊スポーツに『収納王子コジマックス』と書かれていて、おかしいなと思ったんです。日刊のWebサイトを見ても見出しは“コジマックス結婚”となっていて、『どうせすぐ修正されるだろう』と思っていたんですが、次の日になっても“コジマックス”のままで……」(芸能プロ関係者)

 21日付の各紙面を見ても、確かに日刊だけが“コジマックス”との名称を記載。23日18時時点でもPC版、ケータイサイトのいずれも“コジマックス”となっており、さらに同社のオフィシャルツイッターでは“コジマックス結婚”のつぶやきが広くリツイートされてしまっている。

 これは、単なる誤植なのだろうか。もしや“コジマジック”以外にも名称が存在する? 本サイトは小島所属の「松竹芸能」に確認することに。担当者は取材意図を伝えると、プッと吹き出しつつも「“コジマックス”と名乗ったことはありませんよ。(東MAXと勘違いされてしまったのか?)まあそうかもしれませんね。たまにテレビの現場などでも、間違えられることはありますが」と回答した。

 また“コジマックス”なる新名称については、「別に本人も気にしていません。むしろ『思いっきり違う名前で報道されてしまいました』とネタにしているくらいですから」と寛大な姿勢だった。

 同じ結婚報道で、再び話題に上がってしまった“コジマジック”。しかし、これ以上“コジマックス”の名前が広がってしまわないことを祈りたいと思う。

『収納王子コジマジックの魔法のかたづけ術』

こういうネタもたまにはいいでしょ?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
安めぐみ、結婚の基準は「この人と、おじいちゃんになっても○○○できるかな」
沢尻エリカのXデーまであとわずか! ネガティブ情報のリーク合戦が勃発?
お昼のNHKで再確認した、「頑張らない」タレント・安めぐみのありがたさ
夫婦ゲンカを番宣に使う松居一代、業界は「疑問」と「黙殺」
断捨離本は本当に役に立つ? 大掃除を前に話題の本を読んでみた

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  14. 『カウコン』意外な舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー