ついに断定報道

逮捕の可能性は? 週刊文春が断定、沢尻エリカは「大麻中毒」

heruta-skeruta-.jpg
『ヘルタースケルター』公式サイトより

 24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に「沢尻エリカは大麻中毒」の見出しが躍った。「疑惑」でもなければ「使用説」でもない。断定的に伝えることができた一番の証拠は、前所属事務所スターダストが、沢尻を解雇する際に送付したという“通知書”の文面だ。果たしてエリカ様は、映画の公開を前に“沢尻容疑者”となってしまうのだろうか?

 同誌が入手したという通知書は2009年9月に記されたもので、スターダストが沢尻との契約を解除すること、そしてそれに至った理由がつづられている。要約すると「同月沢尻に薬物検査を行ったところ、陽性反応が出た」「沢尻本人は大麻の使用を認めながらも、今後使用を止めることはできないと表明した」というのだ。

「薬物“疑惑”をイニシャルで報道されるのはよくあるケースですが、沢尻ほどの有名人が、それも実名で断定的に書かれるのは異例でしょう。これで思い出すのが、昨年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕された小向美奈子。あの時も『文春』に記事が掲載され、発売前日に逮捕状が取られて大騒動になりました」(週刊誌記者)

 小向と同じ流れが今回も起こるとすれば、沢尻は主演映画『ヘルタースケルター』公開を前に逮捕されてしまうことに。そうなればまさに前代未聞の大騒動へと発展するが、業界からは「そこまではないのでは」という意見が多数聞かれた。

「大麻の使用が認められているのは3年近くも前の話だし、同じく記事に登場する“大麻インストラクター”男性の話にしても海外の使用履歴ということで、逮捕の決定的証拠とはならないのでは。当然警察が記事を元に捜査を始めるということはあるでしょうし、沢尻や業務提携先であるエイベックスへのダメージは計り知れない。しかし、この記事だけで逮捕というのは厳しいと感じます」(同)

 記事内では沢尻の大麻への常習性が繰り返し伝えられており、今回の休養に関しても「薬物の影響による体調不良」ではないかと言われている。しかし芸能界では薬物に関して“大目に見られている”部分が少なからず存在している、と話す芸能プロ関係者も。

「薬物犯罪は現場を押さえないと難しい案件だし、今回だけの証拠でいきなり拘束するのは、その後の批判などを考え、警察も尻込みしてしまうのでは。ほかのタレントの話ですが、逮捕時期に関して『映画が終わるまでは待っておくか』といった気の使い方をすることもあるんです。それに『覚せい剤と比べると、大麻の使用は厳しく追及されない』と話す前科のあるミュージシャンもいます」

 業界で持ちきりとなっているのは、沢尻の進退以上に、書面の流出元だという。当事者である沢尻かスターダスト、そして夫である高城剛氏のいずれかとみられているが「沢尻はあり得ないとして、高城さんにしても離婚が成立する前からこれを出すメリットはないと思うんですよね。となると、やはりスターダストによる“報復”なのか……」(同)

 ともあれ、単なる“サボり”では済まなくなってきた沢尻の休業騒動。マスコミ関係者からは「『文春』も、現在の沢尻の居所はつかめていないようです」という証言もあり、本人の登場がさらに注目されることとなった。『ヘルタースケルター』のイベントが行われる7月5日、沢尻は本当に姿を見せるのだろうか。

『森林インストラクター入門』

いろんなインストラクターがいるんですね

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「エイベックス下手すぎ」沢尻エリカの“休業プロモーション”に同業者も苦笑
彼氏同伴の沢尻エリカ、窪塚俊介と「別れちゃった」岩佐真悠子とパーティー参加
有名人がこぞって居住! 「芸能人マンション」のメリット・デメリット
沢尻エリカより岩佐真悠子が危険!? 暴力団関係者との繋がりはどこまで
藤谷美和子が“徘徊行動”……表舞台から姿を消した女性芸能人の現在

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク