ぶりっこは正義

熱愛は偽造か!? いいように使われる女子アナ・田中みな実の矜持とは

tanakaminami.jpg
田中みな実ブログより

 ある時は、ソーセイジパイを咥えて「濃い肉汁が口の中に溢れ出て……」とうっとりしたり、またある時は、ワインの試飲をして「みな実、酔っちゃった。みな実を酔わせてどうするの?」と甘えたりと、過剰な「エロぶりっこ」キャラでブレイクした、TBSの女子アナ田中みな実。

 田中は、青山学院大学を卒業し、2009年4月にTBSに入社。『サンデー・ジャポン』『みのもんたのサタデーずばッと』『爆報!THE フライデー』『サタネプ☆ベストテン』などに出演。『サンデー・ジャポン』では、『情報ライブみな実屋』というコーナーを担当し、日曜朝の番組にもかかわらず、性行為を連想させるような際どい行動を連発。また、あからさまな上目遣いやぶりっこ発言は、賛否両論はありつつも、田中の芸風として視聴者から広く注目を集めることとなった。あのマツコ・デラックスが、名指しで「大嫌い」と訴えているのも、田中の人気の証しといっていいだろう。

 そんな田中のデート現場が、5月18日発売号の「FRIDAY」(講談社)によってスクープされた。気になるそのお相手は、『サンデー・ジャポン』のAD。森山直太朗似のイケメンと報じられている。2人は、公園で桜見物をしたり、ベンチでランチを食べたり、六本木ヒルズでショッピングや映画を楽しむなど、とても仲睦まじい様子だったという。しかし田中は、同誌の直撃に対し、男性を「お友だちです」と回答。「今後、恋に発展するようなことは?」との問いにも、「私は『みんなのみな実』なので、それはないです♪」と、お得意のぶりっこキャラで切り返した。

 自身初のスクープであるにもかかわらず、あまりにも冷静沈着である田中の態度。その理由は、「スクープ自体が『サンデー・ジャポン』のヤラセだから」と、芸能関係者の間では専らのウワサなのだとか。

「『FRIDAY』に掲載された写真は、どう見てもヤラセ写真ですよ。2人が、公園のベンチでベーグルを食べている写真なんか、男性があからさまにカメラ目線でしかも笑顔。誰が見ても、違和感を感じるはずです。この一連のスクープは、『サンデー・ジャポン』の視聴率アップのために仕込まれたものだと思います」(芸能関係者)

 田中は、公式ブログ『田中みな実のみなはっぴー』にて、「お騒がせしております」というタイトルの記事を公表。「みなさまに誤解を招きご心配をおかけしてしまってごめんなさい。」と謝罪する一方で、「あさっての『サンデー・ジャポン』の生放送ですべてが明らかに…なるようです(笑)」と、宣伝も忘れていない。さらには、「週刊文春」(文藝春秋)のカラーグラビア「原色美女図鑑」への登場も報告し、「是非お手にとってみてみてください♪ 」とまとめている。

 女子アナとして、テレビ業界という華やかな世界に身を置く田中。しかし、あくまでいち会社員である彼女が、番組の視聴率アップのためとはいえ、自身の恋愛までもネタにするのは、いかがなものかという声もある。

「視聴者の中には、田中に対して『テレビ局に、いいように使われているだけ』という感想を抱く人もいるようです。しかし、業界内での彼女の評価は高い。今回の一件もそうですが、ソーセージを咥えるなどといったセクハラ的なことでも、難色を示さず、何でもやってやるという気概があります。『私はアナウンサーなので、アイドルみたいなことはしたくない!』と主張する女子アナが多い中、田中の吹っ切れ方に頼もしさを感じている人も多いのでは」(同)

 田中は、大学在学中に出演したショートムービーで、大胆にも下着姿を披露した経験がある。それを「なにも考えていない」と取るか、「根性が据わっている」と取るかは、人それぞれだろうが、最近の田中の活躍ぶりから見て、彼女の評価は、ますます高まっているようだ。

 20日の『サンデー・ジャポン』で、田中が何を語るのかぜひ注目したいところである。

『ジャンボソーセージ ドイツ産クラカウワー』

体張れるって、才能だよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
女子アナ最高作・平井理央 VS マツコに愛される高橋真麻、それぞれの仕事
セックス写真まで存在! 異端児・葉山エレーヌが降板にならないワケ
時代遅れ、地方アナの接待番組……『草なぎ剛の女子アナSP』の悲哀
技を技と思わせない”愛され力で、スーパー女子アナの座を射止めた高島彩
フジテレビ、女子アナリストラ計画が発動! 「年内5人が内定」!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク