「仕事を選べ」の大合唱

キム・カーダシアンがCM出演した、「履くだけで痩せる」スニーカーはウソだった!

KimKardashian03.jpg
金持ちなのに、仕事選ばないって……

 新恋人でラッパーのカニエ・ウエストとのバカップルぶりが、連日面白おかしく伝えられているキム・カーダシアン。ここ数年、メディア露出が多い彼女はCMにひっぱりだこで、広告塔としての効果は絶大だと言われてきた。そんなキムが宣伝した「履くだけで腹筋がついて痩せる」と謳ったスニーカーが、何ら根拠のないものだとして米連邦取引委員会からお咎めを受けてしまった。

 ホイットニー・ヒューストンの最後の恋人とウワサされているR&B歌手レイ・ジェイとの流出セックステープで、パリス・ヒルトンを超えるセレブへとのし上がったキム。艶やかな笑顔とプリップリのお尻でアメリカ人男性のハートをがっしりと捕らえ、若い女性たちからも「いろいろな意味で、お手本」として人気を集めている。良くも悪くも注目されるキムを利用したい企業は多く、これまでに数々のCMに登場。コスメやダイエット・ピル、エクササイズ・マシーン、ファースト・フードなど、少々うさん臭い系のCMに出演している。

 今回、問題となった商品「Skechers」のCMは、全米が注目する米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦『スーパーボウル』生中継のCMとしてお披露目された。『スーパーボウル』のCM枠は30秒で2億円前後と高額だが、1億人を超える視聴者が見ていることから大幅な売り上げアップに繋がるとされており、各社、クオリティーの高いコマーシャルを制作することで注目されている。「Skechers」も商品ではなく、時の人であるキムを前面的に出すという形のコマーシャルに仕上げている。

 コマーシャルは、筋肉美を誇る男性の汗ばんだ背中のアップと、「あぁ」というキムのあえぎ声でスタート。続けて、床に仰向けになり、満面の笑みを浮かべて「ハァ~」とため息をつくキムの引き締まった腹部や豊満なバストがアップになる。囁くような声で、「どんなふうに伝えたらいいのかしら。『あなたは素晴らしい』という言葉以外、見つからない」とキムは言いながら、上半身裸の男性に体を起こされ、ネットリと視線を絡め合いながら向かい合う。いい感じになる2人だが、キムは「でもね、上手くいってないのよ」と首を振りながら男性から離れ、「そうじゃないわね。上手くいってはいるわ。誰じゃなくて、何か、なのよ」と笑顔で言い、彼女が履いているスニーカーがアップになる。そして、ここでキメ台詞の「バイバイ、トレーナー。ハロー、シューズ」という言葉と共に、商品がアップになる。最後に、宣伝しているスニーカーを履くイケてない男性に向かって、キムは「ナイス・シューズ」とセクシーな声で言い、男性を大喜びさせる。

 “歩くだけでナイスボディーを手に入れることができるフィットネスシューズ”というたぐいの商品は、「Skechers」のほかにも「Reebok」などが販売しているが、「Reebok EASYTONE」と比べて「Skechers fitness shoes」は安い。そんな点からも、キムのCMが流れてからというもの「Skechers fitness shoes」は飛ぶように売れたと伝えられていた。

 しかし、米連邦取引委員会は「Skechers」が謳い文句にしている「履くだけで腹筋がついて痩せる」は、全く根拠のないものだと断定。企業の詐欺まがいのマーケティング手法や宣伝内容などに目を光らせている同委員会は、調査の結果、「Skechers」が主張している「臨床試験の結果、Skechers fitness shoesを履いた人の体重が減り、臀部、脚、腹部の筋肉が鍛えられた」は、根拠がないと結論づけた。

 このことを受けて、「Skechers」は4,000万ドル(約31億円)の和解金を支払うことに同意し、商品を購入した人が希望すれば、代金の払い戻しをすることを決定。しかし、同委員会の結果には反論しており、今後、きちんとした臨床試験を行い、「Skechers fitness shoes」の効果が本物であることを証明するという声明も発表している。

 昨年は大騒ぎして結婚式を挙げたのに、たった72日で離婚を申請したことで激しいバッシングを受け、「最もうざいセレブランキング」1位に選ばれるという不名誉な経験をしてしまったキム。広告塔を務めたスニーカーが「デタラメ商品」だったことがわかり、責められはしないものの、多少のイメージダウンは避けられそうにない。しかしながら、もともとお騒がせセレブであることから、ダメージはさほど受けないものと見られている。

 お金儲けが上手なキムのこと。今後も、どんなにうさん臭い商品であったとしても、ギャラがよければ喜んで出演し、Twitterで宣伝しまくることだろう。少しは選んで出演すればよいのにという声も上がっているが、今回の件でキムもいよいよ方向転換するのだろうか。

『BUTTERFLISTA すべては、愛の行為。』

恭子さんだって、多少は仕事を選んでいるというのに!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
キム・カーダシアンの結婚式、ファンは彼女のセックス・テープを見ながら祝福
“ポスト・パリス”ことキム・カーダシアンのエロすぎるCMが話題に!
『アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル』突然の解雇劇に、タイラ・バンクスが関与?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー