[ジャニーズ・メディアの裏側]

キスマイ予定だった!? 『GTO』の赤西代役プランに原作者がNO!

tamamori.jpg
「鬼」というより「天使」!

 7月から放送されるフジテレビ系ドラマ『GTO』リメイク版。その主演を赤西仁が降板し、後釜にEXILEのAKIRAが決定したことが明らかとなった。赤西は黒木メイサとのデキ婚についてのペナルティを課されており、ツアー中止だけでなく当面の芸能活動も実質休止状態となっている。

 リメイク版『GTO』の主演が赤西で進んでいることは、デキ婚発覚前から業界内では知れ渡っていた。しかし結果的には、一部スポーツ紙が「赤西GTOの主演降板」と、先に報じることとなってしまった。

「すでに撮影スケジュールも決まりつつあったのに、ジャニーズサイドは赤西の降板を強く主張してきました。そして代役にはKAT-TUNの亀梨和也の名前を上げてきたようですが、途中からはKis-My-Ft2のメンバーにするよう、強くアピールしたそうです。赤西が務める予定だったのは教師役ということから、メンバー全員が10代のSexy Zoneでは明らかに違う。そこで、同じく現在のジャニーズゴリ押しグループであるキスマイに白羽の矢が立ったのでしょう」(芸能プロ関係者)

 キスマイの中心メンバーと言えば藤ヶ谷太輔、北山宏光、玉森裕太の3人。藤ヶ谷は同クールのTBS系連ドラ『ビギナーズ!』でドラマ初主演となることから、同時に玉森もGTOで初主演となれば、グループ的に最もオイシイ展開だ。

「『ビギナーズ』には、北山も出演しますしね。ところが結果的にGTOの主演に選ばれたのはAKIRAだった。実は制作関係者の中に、キスマイ主演について強くNGを出した人物がいたんです」(テレビ局関係者)

『GTO』は1997年から『週刊マガジン』(講談社)誌上で、5年間連載された人気コミック。映像化は今回が初めてではなく、98年に放送された連ドラは、最終回視聴率35.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大好評で、後に映画化もされている。主人公である元暴走族の教師「Great Teacher Onizuka」こと鬼塚英吉は反町隆史が担当し、その後ヒロイン役を務めた松嶋菜々子と結婚したことも、当時大きな話題となった。

「キスマイの主演に反対し続けていたのは、漫画の原作者である藤沢とおる氏ですよ。原作と同じく、反町版GTOにも強い思い入れがあったようで『絶対にイメージが違う』と頑なにOKを出さなかった。代役探しは困難を極めましたが、最終的にキスマイと同じレコード会社所属であるEXILEのAKIRAに落ち着いたようです」(前関係者)

 突然の主役降板から代役発表までの約1カ月の間に、舞台裏では赤西騒動と同じくゴタゴタが巻き起こっていたようだ。リメイク版は話題性だけでなく、視聴率でも前シリーズに追いつくことはできるのだろうか?

『GTO DVD-BOX 』

男臭さはたりないもんね~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
Kis-My-Ft2のシークレットイベントは「番協募集で集まった」仕込み!?
SMAP育ての親・飯島女史の手腕が光る、Kis-My-Ft2のバラエティ戦略
Kis-my-Ft2ドーム公演決定で、事務所に高まるファンの不信感
過去には南明奈とも噂に! 「密会王」Kis-My-Ft2玉森裕太
「やめてから事務所のすごさを知った」不祥事で去った元Jr.の生き方とは

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク