ムダ毛の悩みもわかり合える 女友達と脱毛がこれからのブームに?

swimwear.gif
Photo by Mark A. Vargas Flickr

 「今日は気合を入れよう!」そう決意して、いつもより大胆なミニスカート、肩のラインを魅せるノースリーブを着ている時に限って、ムダ毛の剃り残しに気づいてしまったりするんですよね。スネに漂ううっすら産毛、脇からちら見えする黒いポツポツ……。

 そう、どんなにイイ女を演出していても、「たった一本の毛」の手入れができていないだけで、全てが台無しになってしまいます。「もう二度と、剃り残さない!」と、薄着の季節の度に誓う人も多いのではないでしょうか。

 そんな人におススメしたいのが「全身脱毛革命サロン・脱毛ラボ」! 以前紹介して、大好評だった全身脱毛専門サロンです。わずか1年8カ月で全国20店舗に拡大、これまでに100人を超える芸能人が通っているのだとか。ワキ専門の脱毛サロンは数あれど、足、腕はもちろん産毛処理が甘くなりがちな鼻下、そしてアンダーヘアのVラインまで、全身22カ所をたった9,980円の月額費で脱毛できるのです。「脱毛なのに、痛くない」という声が多く寄せられている確かな技術力、また、価格がお手頃な月払いというのも、人気の秘訣です。

datsumou_labo_namba.jpg

 とはいえ、今までピンセットやカミソリを使うといった、アナログなムダ毛処理をしてきた人にとって、いきなりサロンに行くのは、気が引けるかもしれません。「できれば最初は、女友達と一緒に行った方が安心」そんなちょっと緊張しいな人に向けて、脱毛ラボは、女の子同士の来店で初回の料金がお安くなるという「女子会パック」も用意しています。

 女の子2人で来店すると、初回が15%OFF、3人以上だと20%OFF。月に2回の施術(1回60分)で年24回、1年かけて全身の脱毛を完了する「月額制全身脱毛・夢の全身通 い放題」プランと、2カ月に1度の施術(1回120分)、年6回で全身脱毛する6回パックが用意され、そのどちらにも女子会割引が適用します。女友達を誘うだけで、お金的にも、気持ち的にも、気軽に全身脱毛を受けられるなんて、本当にうれしいですよね。「女子会で脱毛へ行く」が、これからのブームになるかも?

 もちろん、「友達と行く方が恥ずかしいよ!」という人が、損するというわけではありません。通常価格より50%オフの月額9,980円で、「夢の全身通い放題プラン」も用意されています。
 
 GWが過ぎ、半袖の人が街中に増えてきた今日この頃。電車内で、つり革につかまった時、うっかりムダ毛が……なんていう、恐怖の季節がいよいよ到来です。脱毛ラボで、しっかり対策をしておきましょう!

・全身脱毛革命 脱毛ラボ
女子会パック
夢の全身通い放題プラン

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー