演劇人ってなんでモテるのか!

黒幕は野田秀樹!? 宮沢りえ、突然の離婚報道の仕掛け人

miyazawarie02.jpg
昭和芸能ばりの波乱万丈人生満喫中!

 宮沢りえの離婚報道に衝撃が走った。8日付のサンケイスポーツに、40代の元プロサーファーで実業家・N氏と離婚すると報じられた。しかし、決定的な理由もなければ離婚時期についても明言されておらず、さまざまな憶測を呼んでいる。

 しかしマスコミ関係者は、すぐに真相を知ることとなる。翌9日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、宮沢の離婚を詳報しているのだ。都内のフィリピンパブでN氏が、家から宮沢が荷物をまとめて出ていってしまった、などと話しているところを目撃されたという。さらには直撃取材を受けた宮沢が、事務所を通じたFAXで離婚準備に入ることを認めている。

「サンスポの報道は、おかしなことばかりでしたよ。本来なら一面でもおかしくないネタにもかかわらず、掲載されたのは芸能面。しかも見出しは『宮沢りえ 離婚』と、『?』も付けず断定的に報じた。締め切りの直前に、どこかからネタをもらったとしか思えないやり方です」(ワイドショー関係者)

 週刊誌の発売前にスポーツ紙にネタを流し、その後当人がFAXやブログで報告することでイメージダウンを軽減させるという、近年ではよく見る手法を宮沢も用いたというわけだ。さらにサンスポ記事で、マスコミの頭を悩ませたのが「りえは8日も舞台に出演。終演後にも会見するとみられる」という最後の一文。結婚や出産時にも会見を行わなかった宮沢が、なぜ今回に限って会見すると予測できたのか。

「つまり、サンスポにネタを流したのは、宮沢サイドではなく劇作家の野田秀樹ですよ。ふたりは公私ともに付き合いも深く、宮沢から離婚についての相談も受けていたとみられています。宮沢が出演中の舞台も野田主宰のもので、マスコミ対応などの都合もつけやすい。結局、宮沢は会見を行いませんでしたが」(週刊誌記者)

 野田は週刊誌が取材に動いていることを察知し、先に自分から認めてしまえば被害も少なくて済むと宮沢を説得、今回の絵を描いたというわけだ。

「野田も大竹しのぶとの同棲をはじめとして、熱愛スキャンダルには慣れている部分があったのかもしれません。宮沢とは共演作も多数ですし、今回も“あうんの呼吸”でマスコミ対応をこなしたというところでしょう」(同)

 宮沢は出産準備に入った際、都内病院前に記者が大勢駆けつけてしまうなど、マスコミ対応には不慣れな感が否めなかった。しかし今回は野田のサポートもあってか、ほぼ完璧な手順を踏んだようだ。公私ともども、宮沢は野田には頭が上がらなくなってしまったことだろう。

『ぼくらの七日間戦争 デジタル・リマスター版』

7日間で済みゃいいけど

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
再び激やせ!? 育児と大河ドラマの板挟みとなった宮沢りえ
めでたいはずなのに……宮沢りえの結婚事情
あの自殺未遂騒動や腹違いの弟にまで踏み込んだ、『宮沢りえ 悲劇の真相』
「親の話をしないで!」から一転、IMALUがついに禁断ネタを解禁
塩谷瞬に古巣事務所・スターダストが特ネタリークの“お礼参り”!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  19. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー