岡江さん、ピンチ!

「もう切るべきでは」はなまるマーケット、金曜“収録”放送はもう限界?

okaekumiko.jpg
『岡江久美子のチャチャッとレシピ』
(ワニブックス)

 1996年にスタート、時事ネタや芸能ニュースをあえて取り扱わないことにより、安定した視聴率を記録する情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)。放送開始から16年、岡江久美子と薬丸裕英のふたりが変わることなくメインパーソナリティとして活躍している。しかし、今月13日の北朝鮮ミサイル発射事件の勃発により、長きにわたり敷いてきたとある体制について、現在TBSの内部で見直しが検討されているという。

「『はなまる』の毎週金曜日は収録したものを流しているため、生放送ではありません。あえて公表はしていませんが、TBSだけでなく、テレビ局の関係者であれば誰でも知っていることです。原因は岡江が家庭の事情を理由に降板を申し入れてきたのですが、局サイドがなんとしても引き留めようとして、特例的に“金曜日だけ収録”で手打ちになったんです」(TBS関係者)

 番組視聴者であればわかることだが、金曜日に関しては天気予報のコーナーがニュース枠で放送されている。また、放送開始当初はスタジオから報道局に呼びかけを行いキャスターがニュースを伝えるコーナーも存在したが、週に一度は必ず録画放送となるため、この制度も現在では撤廃されている。

「現在『はなまる』は毎週木曜日の生放送終了後、金曜日分をそのまま収録しています。時事ネタはほとんど扱わない番組だけに成立はしていましたが、先日の北朝鮮ミサイル発射のニュースが番組で一切触れられなかったのは、さすがに違和感がアリアリでした。前番組の『みのもんたの朝ズバッ!』ではあれだけ速報に努めていたのに……」(同)

 今回の一件により、あらためて番組づくりの姿勢、そして岡江の進退について社内でも議論されているという。

「一般視聴者からも『なぜミサイルについて一切触れないのか』といった問い合わせも、少なからず局に入ったそうです。そこで『実は収録なんです』と言ってしまえばそれまでですが、ここまで黙っていたこともあって、そう簡単には公言できない。結局、ひとりワガママを突き通している状態の岡江に対して『もう切るべきでは』という声も高まっている現状です」(同)

 今年で放送開始16年目に入った『はなまる』。この奇妙な“週一収録”放送はこのまま継続されるのだろうか、それとも……? ワイドショー関係者の間では、前番組のみのもんたの進退以上に、薬丸&岡江コンビの解散に注目が集まっている。

『はなまる的定番家庭料理革命』

収録、まじか!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「はなまる」初登場の錦戸がおめざに選んだ意外なモノ
あの芸能人の「おめざ」を実食! お世辞抜きのガチンコレビュー
モックンの受賞で、「元シブがき隊」を急速アピールしはじめたヤックン
かっこいい”魔女”夏木マリの魔法 VS 薬丸の”ヨイショ力”
孫バカ板東英二、孫のために三浦春馬に接近中?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!