[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

一方的に暴力を振るう子の親の言い訳が「お互いさま」って何だ?

kosodateiuust113.jpg
(C)倉田真由美

 相変わらずママ友ができません。当然パパ友もひとりもいません! 子連れOKな飲食店に行くとママさんたちが2、3人のグループで来ているのをよく見かけますが、みなさんどうやって知り合ってるんだろう? 知り合うきっかけが分からん。やっぱり保育園か幼稚園が一緒なのかね? このまま来年の幼稚園入園までママ友もパパ友もできずに過ごすのかもなあ。仲良くなれそうなママ友・パパ友とは出会ってないですが、ムカつくママとは何人か出会っています。

 先日、自由が丘の児童館に行った時、入り口で靴を脱がなくてはならないんですが、ココが靴のまま入ってしまったんですよ。そしたらそこにいた40代後半と思しきママが突然、「ちょっと! ちゃんと靴を脱いで入らないと!」とヒステリックに叫びました! たった1歩ですよ? オレはココの手を握ってるわけで、土足で歩き回ってるわけじゃない。「なんだ?」と思ったが、咄嗟に「ココ、靴を脱ぐよ」とココに話しかけてました。

 3秒くらいして、そのママさんのココに対する物言いに腹が立ったが、今さら怒鳴るわけにもいかず、そのままオレの怒りは煮え切らないまま。こういう場面は結構あるんですよ。「何か言われたりしたら、その場で言い返さないと」と分かっているのにまたタイミングを逃した! もう、児童館にいる間ずっとイラついてました。冷静に考えると大したことじゃないし、「靴を脱いで」と当たり前のことを言われたとは分かってます。でも、やっぱり怒り方・言い方があると思う。例えば「あららら~、お靴は脱ぎましょうね~」と優しく注意してくれれば、オレも「すみません」と言ったと思いますが、頭ごなしに怒鳴るように注意されると多分誰でも頭に来るんじゃないでしょうか。

 ちなみにこのママさんはひとりで他のママ友の子どもの世話をしてたみたいで、1時間後にママ友たちが靴を履いたままの赤ん坊を抱っこしても何も注意しない! 抱っこされてるとは言え、土足厳禁だからね。自分のママ友の子どもには注意しないのかよ! 一貫性がないというか……オレも注意してやろうかと思いましたが、黙ってましたよ。オレも大人になったもんだよ、マジで!

 他にもムカついたママさんがいます。3、4カ月前に二子玉川の「ピアレッテ」という子どもの遊び場に行った時のこと。妻は離れて仕事をし、オレがココと一緒に遊んでました。その時、ココが側にいた子どもが持ってたおもちゃに触ろうとしたら、突然その子どもがココを両手でドン! と押したんです。「ココ、大丈夫か?」と抱き上げようとした瞬間、またその子どもはココを叩いた! ココは号泣。

 オレは「何すんだよ!」と言ったが、子どもの側にいたママさんがオレに向かって「お互いさまですから」と言い放った! 何でお互いさまなのか? どういう意味か分からずそのママさんに聞き返すと、「そちらのお子さんがうちの子のおもちゃを取ろうとしたわけだし」となぜか逆ギレ! 「ちょっと待て。叩いて、泣かせたのはお宅の子でしょ? まずは謝るべきでしょう。だいたいうちの子はおもちゃを取ってない。取ろうとして近くに行っただけだ」とさすがにオレもキレました。が、このママさんは謝らず、代わりに隣にいたばあちゃんと思われる人が、号泣してるココに「ごめんね~」と謝ってました。「お互いさま」と言われても納得いかないですが、ココがまったく泣き止まないので、ひとまずココを連れて妻のもとへ。

 妻にことの顛末を話すと、「なにそれ! 『お互いさま』ってやられた方が判断することでしょ? 暴力を振るった側が口にする言葉じゃない! しかも謝らないって何サマ?」と妻もキレました。オレも「お互いさま」という言葉の意味がどうも引っかかってましたが、妻の言葉で納得。確かに暴力を振るった子の親が、オレとココに向かって「お互いさま」と言い放つのは道理に合わない。そう思った瞬間、また激しい怒りがこみ上げてきたので、妻に「もう一度あの人のところに行くわ」とココを預けて探したものの、すでに帰った後でした。くっそー! マジで悔しい! 書いててムカムカしてきました。

 もう4カ月くらい経つのに未だに怒りが収まりません。オレは今まで、そんなに怒りを引きずるタイプではなかったんですが、ココを育て始めてからは理不尽な場面に出くわすことも多く、怒りが消化できないんですよ。今後はココのことで何か言われたら、その場で話し合うことを決めました。

『突然、9歳の息子ができました。』

ココちゃんが知らない子に殴られっぱなしで心配です……

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
他の子どもから殴られるココ、親としてどう対処すべきなのか?
“元ヤリチン”を隠すため、横分けヘアでイクメンコンテストに応募しました!
親子連れの電車のマナーに憤慨していたら、一番身近なあの人が……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー