その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「ほんと悲しいですね」メンバーからの冷遇を笑顔で語る田口淳之介

jtaguchi01.JPG

【ジャニーズ研究会より】

 4月4日放送の『ごきげんよう』(フジテレビ系)に、KAT-TUNの田口淳之介が出演しました。番組は今週“出張サイコロウィーク”と題し、司会の小堺一機がサイコロを持って舞台やドラマの現場に潜入。出演者たちにサイコロを振ってもらいました。

 この日、田口がいたのはフジテレビの湾岸スタジオ。4月17日から始まる新ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)の撮影中でした。ドアを勢いよく開け「あぶねぇなこの野郎!」と言いながら入ってきた田口は、モヒカンにブルーのスカジャン姿。ドアにぶつかって倒れ込んだ小堺は、その声を聞いて「すいません! どうもすいません!」と平謝りします。田口はこのドラマで、堺雅人扮する弁護士を裏でサポートする「スパイ的」で「チンピラっぽい」役柄を演じるということで、それになりきって登場したのでした。

 「これ振りたかったんすよ」と言いながら振ったサイコロの目は、“『リーガル・ハイ』出演者の情けない話”。「あのー。ぶっちゃけ、まず言ってもいいすか? 僕、この現場入ってまだ3日目なんです」と田口。他の出演者についての話題がないことから、自分のことを話すことになりました。

 「僕、今KAT-TUNとしてのライブツアーもあって、こうやってドラマの現場にも入ってるんですけど、休みが結構少ないんですよ。だから……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク