福くんのギャラも気になるわ~

『南極大陸』200万円の破格オファーだった! 芦田愛菜快進撃はどこまで?

ashidamana.jpg
いき急ぐなかれ!

 新曲リリース、CM出演などいまだ人気の衰えを見せない芦田愛菜だが、一時期に比べれば比較的露出が減っているとみる向きもある。先日もレギュラー『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)の司会を降板したことが明らかになった。大量露出で消費されることを危惧して仕事をセーブしているのかと思いきや、背後にはギャラ事情が絡んでいるようだ。

 芦田は、2011年の『マルモのおきて』(フジテレビ系)放送終了後から同年末までテレビで見ない日はないというほど、女優に歌手、タレントと大活躍だった一方で、「学校に通えていないのでは」という声も多数上がっていた(既報)。あまりの露出ぶりからか、地方局の情報バラエティーでは「テレビから消えてほしい芸能人ランキング」1位になったことも。

「その頃になると『楽屋では仏頂面をしている』『“愛菜ちゃん”と呼ばれるとマネジャーが“芦田さん”と呼んでください! とキレる』といった、ネガティブな報道も相次いでいました。また数字に関しても、潜在視聴率11%以上と言われたのもかつての話で、今年に入ってからは一桁台後半程度だそう。『愛菜ちゃんが出ていればOK』という風潮も消えてしまった」(芸能ライター)

 今回の『メレンゲ』卒業に関しては、「下ネタを得意とする久本雅美に、芦田の事務所関係者がいい顔をしなかったという声もあります。しかし、やはり一番の問題は費用対効果の部分では。芦田のギャラは収録1回で100万前後だそうで、潜在視聴率が低下する彼女にこの金額は出せないということが、降板に関する一番の原因でしょう」(前ライター)

 『マルモ』終了後からは、特に仕事を選ぶ傾向が強まっていたという芦田。木村拓哉主演のドラマ『南極大陸』(TBS系)に出演して話題になったが、実は一度オファー自体を蹴っていたという。

「芦田のギャラは『マルモ』の時点で120万を超えていました。そもそも子役に100万を超えるギャラという時点で業界初なのですが、TBSは『南極大陸』のOKをもらうため、1本200万円を提示したそうです。結果的に芦田効果で視聴率は多少持ち直しましたが、ここまでギャラが上がってしまうと、そう簡単に次のオファーもこなくなってしまう。近年露出が減っているのもそのせいでしょうね」(週刊誌記者)

 「出すぎていて、見ていて辛くなる」という視聴者の意見には合致した結果なのかもしれないが、こうした金銭面での駆け引きに小学2年生の芦田が振り回されるのは少々酷な話だろう。オファーを選別するようになった結果か、最近では小学校に通う日も増えているというが、本来の小学生らしさを取り戻せるのであればよしとするべきなのかもしれない。

『マルモのおきて スペシャル』

自分の年収と比較してダメージ食らったわ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
働き過ぎな小学生・芦田愛菜、義務教育は大丈夫? 文部科学省に聞いた!
ジャニーズが芦田愛菜に怒った!? 加熱する子役ブームの裏側を探る
江原啓之の底の浅さを浮き彫りにした、芦田愛菜の6歳児力
下ネタは児童虐待? 久本雅美との共演で芦田愛菜へ広がる波紋
「テレビ業界への再就職を見据えて……」? 大橋のぞみ、子役引退の裏事情

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  11. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!