芸能記者Xのアブナイ話

ソロアルバムも2位止まり……「もう赤西仁は使いたくない」の声も

akanishijin13.jpg
ジャニーズファンが離れていくのは、む
しろ赤西にとっては狙い通り?

 今年2月に黒木メイサとの電撃婚を発表した赤西仁。事前の事務所への報告もなしに入籍したことに対するペナルティとして、ジャニーズ事務所は4~5月に予定していた5都市7公演の国内アリーナツアーを中止し、その負債額を赤西本人に負担させることを発表した。事務所に筋を通さなかったとはいえ、このような形での「処罰」は異例だろう。

 また3月7日に発売された、ソロデビュー後初となるアルバム『JAPONICANA』はオリコン週間ランキング初登場2位に。善戦といっていい結果なのかも知れないが、初登場1位を逃したという点で、「赤西ショック」は売り上げにも大きな影響を及ぼしているようだ。

 また、赤西の活動に関してはこんな話も。

「今年に入ってから赤西を表紙に起用した雑誌の関係者が『もう赤西は使いたくない…』とボヤいていました。ネット通販ではよく売れて一時は品切れ状態にまでなったものの、書店での売り上げはというと、まったく伸びなかったそうです」(出版関係者)

 結婚によるファン離れが実際に進んでいるとしたら、今後赤西を起用するメディアは戦々恐々というところか。

 別の雑誌編集者も「米国進出の成功を狙った赤西サイドは、これまで露出したことのない雑誌に出たり、今までとは違うプロモーション展開をしていきたいと考えていたようです。ジャニーズタレントとはあまり仕事をしていなかったとある媒体は、レコード会社とのお付き合いで赤西を掲載したところ、むしろいつもより売り上げが下がってガッカリしていました。売れないわ評判は悪いわの二重苦だったそうです」

 とはいえ、今後の活動はというと、今年12月には映画『47RONIN』でハリウッドデビューという大仕事が予定されている赤西。俳優として大成功し、再び多くの喝采を集めることができるのか、それとも本人が力を入れている歌手活動で大きな飛躍を見せるのか。ファンをはじめ、これだけ多くの関係者を困惑させた赤西にとって、これからが正念場だろう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク