[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「ついにタトゥーにした」? Kis-My-Ft2・二階堂高嗣に“偽ほくろ”疑惑!

kismyft.JPG
ニカちゃんは一番右の子です

 21日発売の3rdシングル「SHE HER! HER!」がオリコンシングルランキング首位を獲得したKis-My-Ft2。さらに、ファーストアルバム収録曲が着うたサイト「レコチョク」の27日付デイリーランキングでベスト10のうち5曲を占める史上初の快挙を達成するなど、その勢いは止まらない。4月からは初の冠バラエティもレギュラー化するなど「第2のSMAP」目指して今後も露出は増えそうだ。

 そんなKis-My-Ft2のメンバーのひとり、二階堂高嗣。グループ内ではやや地味なポジションにある彼だが、そんな彼のビジュアルについてここ数年ファンの間で話題に上っていることがある。それは……

「ずばり“偽ホクロ”疑惑です。彼の目の下にはやや大きめの『泣きぼくろ』があり、『セクシー』『色っぽい』とチャームポイントのひとつになっているんですが、これがどうやらニセモノらしいんですよね。数年前、前触れもなく突然現れたのですが、自らの手で書いていたためか、日によって濃かったり薄かったり、大きかったり小さかったり、時には消えていたりと安定しない。そんなところも余計にファンとしては気になるようです」
(ジャニーズに詳しい記者)

 写真や映像などでは、肌を補正する際にシミやそばかすなどのアラと共にホクロを消してしまうこともあるため、本人の意志で出たり消えたりしているわけではないのかもしれない。が、いずれにせよ、昔からのファンにとっては「邪魔」「なんで無駄にこんなことするの?」「似合ってない」と偽ホクロ自体がかなり不評のよう。「仕事運をアップするため」「顔に特徴がないからキャラ付けのため」など、その理由についてさまざまな憶測も飛んでおり、最近では「ついにタトゥーにしたらしい」などのうわさも浮上しているが、結局のところ真相は明らかにならないままだ。

 「情に厚く、涙もろいことの象徴」ともされる泣きぼくろ。同事務所の先輩である滝沢秀明や関ジャニ∞・錦戸亮、歌手の福山雅治など泣きぼくろを持つ人気タレントも多く、そう考えれば男性として魅力アップのためのひとつの要素になることは間違いなさそう。二階堂にも、今後なんらかの効果が現れるのだろうか……?

Kis-My-1st(初回生産限定盤)(DVD付)

かの小沢健二さんは「ホクロをラブリーと呼ぶ」と宣言してました

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
櫻井翔伝説が誕生! Kis-my-Ft2千賀健永が感涙したサプライズの夜
Kis-My-Ft2のシークレットイベントは「番協募集で集まった」仕込み!?
事務所の体制変化か? 活発化するSMAPとJr.の共演、キーマンは……
ワケあり”特待生”の「Kis-My-Ft2」と、ジャニー氏が太鼓判を押す「Sexy Zone」
独立する際のコマ!? SMAPの育ての親がKis-My-Ft2の売り出しに必死

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー