今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

マツコに注がれる、黒柳徹子の「追い詰める」という深い愛情と試練

matsuko.jpg
『マツコの部屋 アタシ、誰のた
めに生きてるの? 編』/ポニーキ
ャニオン

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎棺桶を見据えた名勝負
 「徹子芸人」を経て、すっかりその扱いにくさ、やりにくさ、絡みにくさがウリとなるという、新たなステージを見せる黒柳徹子。今回はマツコ・デラックスと組み『徹子とマツコの音楽時代』(テレビ朝日系)で大物歌手とトーク。その絡みにくさは、大物歌手をスルーし、すべて助け船を出してくれているマツコに被弾していた。マツコの額にあんな大量の汗が浮かんでるの、テレビの画面で初めて見たわ。あの体格だから汗はいつもかいているんだろうが、通常の番組では途中でリタッチしてるんだと思う。そういう普通のことが行われない、行えない、独特の流れ……。イッツ徹子ワールド。見てるこっちまでちょっと緊張だ。
 今、この徹子の味を損なわないよう、でも放送事故を起こさぬよう、ギリギリのところで彼女を扱えるのは、マツコしかいない気もする。なんたって徹子本人がマツコをいたくお気に入りの様子。こんな風に徹子に好かれるタレントってあまり見たことない。死後、遺言で徹子からいろんなもんを譲られるんだろうなぁ。でも、体格を考えると、徹子より先にマツコが……、という可能性も十分ありうる気がする。徹子が先かマツコが先か。考えると手に汗握る。結構いい勝負かもしれん。

◎RIKACOだったらサラサーティ
 上野樹里がキャラクターを務める、若い女のコ向けのブランド「E hyphen world gallery」の新CM。オシャレでカワイイ感じに作ってあるが、ストーリーはといえば「トイレが我慢できず、男子便所に駆け込み用を足せてああよかった」って内容。最後の涼しげなどや顔も、着ている洋服がお気に入りだからではなく、単に排泄物出した爽快感から来てるようにしか見えないんだが。若い女のコの「カワイイ洋服着てうれしいな」というシチュエーションは、他にいくらでもあると思うのだが。CM作るのヘタか。

◎本当は怖い魔法使い
 「お○んこ発言」で、MXテレビ『5時に夢中!』から閉め出しを喰らった西原理恵子。「相方」の高須クリニック院長は、これを受けて即スポンサー降板! ただでさえ、司会が4月からふかわりょうに変わるってんで、どんよりムードが漂ってんのに、もう大荒れ(泣)。いまさら放送禁止用語のひとつやふたつが何だ。この番組はそういうことに関して治外法権だから面白いのに。上層部ってどこもホントうんこみたいなヤツばっかだよな。
 つーか、本当は「お○んこ」が引っかかったんじゃなくて、「ディズニー批判」で出禁にされたと思うのだが。事件の前週、西原理恵子は、ディズニーが出した園内掃除のノウハウ本(啓発系)に、「砂金掘りにスコップ売るような本でしょ」と虫唾が走るような顔して吐き捨てていた。これが導火線になったと思うのだが。「ディズニーを批判した」ってことでクビにするといろいろ面倒だけど、放送禁止用語なら体よくそこに付け込みお払い箱にできる。そういうことだと思うのだが。
 結局、MXテレビは、高須クリニックより、ディズニーを取ったって話だ。ディズニーって、ある意味本当に魔法が使えるから。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
10年ぶりにドラマ主演した中山美穂にみた「昭和の名残」
春の風物詩、四谷学院の東大合格者CMの惜しいところ
ダサいというレベルを越えた、ジャイアンツの新ユニフォームに思うコト

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

マツコに注がれる、黒柳徹子の「追い詰める」という深い愛情と試練のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!