紀香は今日もがんばってます

「CICAGO」で米倉に奪われ……藤原紀香、結婚プロモーションに賭ける!?

hujiwaranorika04.jpg
どこで差がついたんだろ?

 ブロードウェイミュージカ『キャバレー』日本語版の再演中の藤原紀香だが、内心は焦りでいっぱいだという。米ニューヨークの本場ブロードウェイでの公演を目の当たりにして以来、同ステージを踏むことを目指していたにもかかわらず、先に夢を果たしたのは米倉涼子だったからだ。

 米倉は日本語版『シカゴ』の主演を二度務めており、今回本場での公演に出演することとなった。日本人でブロードウェイミュージカル主演はナンシー梅木以来55年ぶりの快挙で、米倉は涙を見せて喜びを爆発させた。

「ほぼ同時期にブロードウェイミュージカル作品で主演した両者だけに、ライバル意識は当然あったでしょう。所属事務所もオスカープロモーションにバーニングプロダクションと、犬猿の仲。近年紀香は舞台以外の露出はほとんどないので、テレビに舞台に活躍している米倉に対して思うところがあるのでは」(芸能プロ関係者)

 確かに近年、紀香の芸能活動は目に見えて減っている。ドラマの女王と言われたのもかつての話で、現在は視聴率が稼げないことからオファーも激減。しかし現在、起死回生の策として狙っているのが、交際が伝えられるUBS証券アナリスト・I氏との結婚だという。

「I氏は昨年の時点で紀香の事務所に筋を通しているそうで、すでにプロポーズもしているとか。しかしバツ2であったり金銭的に困っているなどという報道が飛び交い、そう簡単に『再婚します』とはいかないようですね。また紀香はプロポーズに関しても『前の夫(陣内智則)の時に比べて、全然派手にしてくれなかった』と、満足できずにボヤいていたそうです」(芸能プロ関係者)

 公私の“公”の部分では、完全に米倉に持っていかれてしまった藤原。女優・藤原紀香の次なる一歩は、今後の芸能人生を大きく左右するものになるかもしれない。

『シカゴ スペシャルエディション』

つか米倉すごい!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
紀香の帰国取材で思わぬとばっちり! 全週刊誌が成田空港”出禁”に
がんばりすぎ! 藤原紀香が目指すべきは「スピリチュアル大女優」
マスコミ報道に見る、藤原紀香”一人勝ち離婚”のウラ側
この熱愛はきな臭い? 事務所の力が透けて見える芸能人のカップル事情
“事前宣伝”でマスコミ集め! 藤原紀香、婚前旅行から帰国

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと